さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

謎を追って (オクトパストラベラー #2)

これまでのぼうけん:
パーティに盗賊は絶対入れたい派です。

各主人公の1章の感想です。
今回はテリオン・プリムロゼ・サイラス・ハンイットの邪道組。
この記事とかぶる部分があるかも。

テリオン

f:id:chapter_final:20210501051947j:plain
f:id:chapter_final:20210430235804j:plain
f:id:chapter_final:20210509195724j:plain
f:id:chapter_final:20210509200248j:plain
いちばん衝撃的だったのは、ヒースコートさんが出てきてしかもボスだったことかな…。
コーデリアお嬢さんはいい人っぽくて好き(ちょろい)。ヒースコートのリボンとコーデリアのドレスの色が似た色(同じ色?)なのがいいなあと思っています。

f:id:chapter_final:20210509193708j:plain
記念すべき最初のボス戦は、アイテムを使えることを失念していて手こずりました。。
そもそもRPGでアイテムを使うことってあんまりないかも…ケチなので…。
BGMのボスバトル2がめちゃくちゃ合う相手だった。

世界を巡って3つの竜石を探し求める旅…と捉えると、すっごく主人公っぽい感じがしてわくわくするね。

プリムロゼ

f:id:chapter_final:20210531222025j:plain
f:id:chapter_final:20210518024815j:plain
f:id:chapter_final:20210531222439j:plain
f:id:chapter_final:20210531225336j:plain
ストーリーが気になるので選んだ2人目の仲間。オクトラらしい仄暗い雰囲気。
プリムロゼにはどうか復讐を完遂してほしいな。

f:id:chapter_final:20210531231016j:plain
プレイしながらとっていたメモには、BGMの覚書きとして「豚戦 ボスバトル1」とあった…。

大陸の覇者では踊子は武器として扇を使っているが、Switch版の踊子は短剣を使う。早々にテリオンと攻撃範囲が被ってしまったなあと思ったけれど、2人揃ってボスの弱点を突けるのでこれはこれでよかった。
マジックスティーダガーが便利で強く、ヘルゲニシュはこれで倒した。ついでに取り巻きもテリオンがたたかうでとどめを刺した。

サイラス

f:id:chapter_final:20211107201540j:plain
f:id:chapter_final:20211107202700j:plain
f:id:chapter_final:20211107215809j:plain
オクトラ世界について勉強になることが多いのでメモ…。

・200年ほど前に興ったこのアトラスダムはオルステラでは古いほうで、8年前に滅びたホルンブルグも同じくらい長い歴史を持つ町だった。

・ホルンブルグは、忘れ去られた古代宗教の司祭であった王族を中心に栄えた。
 ホルンブルグ滅亡の際に古代宗教の記録は失われてしまった。

・アトラスダムが興った当時のフラットランドは戦乱の時代で、8つの部族が長きにわたり争っていた。しかし領土拡大中のグランポートの侵略を受け団結した。

気になるなあと思っていたことをメアリー王女が質問してくれてナイスだった。
ホルンブルグが滅びたのは8年前のことなんだから、かつてホルンブルグにいた人で古代宗教について知っている人がいたっておかしくないのにね…。王族みたいな身分の高い人しか詳しくなかったんだろうか?
サイラス先生個人としては、古代宗教の司祭であった王家が何かを守護していたと考えているらしい。

サイラス、大陸の覇者での戦闘時とかの台詞しか聞いたことがなかったから、長台詞を聞けて新鮮だったな。
サイラスが最初に探していた本は『聖火教会史』。

f:id:chapter_final:20211107205657j:plain
選択肢が出て推理を進めていくんだけど、最後確定で笑った。

f:id:chapter_final:20211107213447j:plain
毎回テリオンのマジックスティーダガーが強い。
取り巻きのブルーウィスプもテリオンが鬼火で倒した。

摩訶不思議の舞をフルブーストで2回使ってみたところ、

・味方全員が完全回復した
・味方全員の防御力が下がった
・EXP2倍!
・味方全員が毒の霧に囲まれた

・自身のHPが少し回復した
・味方全員が完全回復した
・地面が爆発した
・SPを全て使い果たした

…忙しい。「EXP2倍!」が出たからまあいいか。

ラッセルが「口止め」という攻撃をしてきたのがすごくそれっぽくて良いなと思った。

ハンイット

f:id:chapter_final:20211215181534j:plain
f:id:chapter_final:20211215181536j:plain
f:id:chapter_final:20211215181539j:plain
f:id:chapter_final:20211215181545j:plain
f:id:chapter_final:20211215181548j:plain
シ・ワルキは大陸中に名を知られる由緒正しき狩人の村。
"黒き森"の一族に伝わる魔物と心を交わし使役する技、それが使えるのも今ではザンターとハンイットぐらい。

f:id:chapter_final:20211215181542j:plain
ギサルマ、得体の知れない感じでちょっと怖かったな。
強い魔物に敗れ、この森に流れ着いてきた。力を誇示するために人や魔物の命を奪っていた。
よく見るとギサルマも傷だらけなんだね。
「命はみんなのものだ」というハンイットの信念。

氷弱点だったので、プリムロゼにたまたま覚えてもらっていた「大氷結魔法」が輝いた。
サイラスも「氷結魔法」「光明魔法」で弱点を突けるし、回復もできるしで大忙し。
盗めたのは「HP全体回復のブドウ」。捕獲はできないようになっていた。
ハンイットのモリギツネの「ブラインドクロー」がとどめとなり、話の流れ的に美しかった。

 

サブストーリー

f:id:chapter_final:20211215181551j:plain
アシランがいた。だいぶ雰囲気違うね…。
トラベラーストーリーで父親について何か言っていたっけ…? ラストの印象が強過ぎて覚えてないな…。あとで見返そう。

"黒き森"と分かれた一族であり"青き森"にも魔物使いがいた。しかし禁断の秘術に手を出した結果、魔物に操られ人を襲うようになった。"黒き森"の一族は"青き森"の一族を滅ぼした。

f:id:chapter_final:20211215181554j:plain
ここでも成人の儀式があって草。

f:id:chapter_final:20211215181556j:plain
富を授けし者を受けてちょっとタイムリーな感じだと思った。
この貴族は知識と財を貧民のために投げうとうとする聡明な貴族。

 

つづき