さいごのぼうけん

遊んだゲームを紹介します。ネタバレ注意です。

オクトパストラベラー プレイ日記1 「感傷」

f:id:chapter_final:20210501000536j:plain
ついにはじめました!

GWでセールだったので、ずっとやりたかったオクトパストラベラーとブレイブリーデフォルト2を買いました。任天堂の方もやってみたかったゲームが色々セールになっていてうれしいです。
ローソンとセブンイレブンニンテンドープリペイドカードのキャンペーンもやっているし、お得感満載。このキャンペーン、正月のときもお世話になりました。
ブレイブリーデフォルトも初めの方を少しやったんですが、すでに通常戦闘BGMがめちゃめちゃ好きだ…。開始1分くらいで調と編成を変えて同じフレーズが2回繰り返されるところがあるんだけど、そのメロディが本当に本当に好き。出だしをはじめ、ブレイブリーにわかのわたしでもブレイブリーっぽいなとわかるBGMなのもすごい。オクトラ大陸の覇者が今ブレイブリーデフォルトとコラボしていて、こちらでも音楽を聴けるのがありがたい。

 

さて、オクトパストラベラーです。
大陸の覇者の方を先に遊んでいるので世界観やゲームシステムはだいぶつかめてきたかなとは思うのですが、まだまだ知らないことも多いのでわくわくです。

f:id:chapter_final:20210501035609j:plain
スタート画面。8人の主人公たちが旅をする光景かな。
これはフレイムグレースの丘? 他にも知っているような知らないような景色がちらほら。

まずは主人公選択から。8人のうち、最初の物語を始めるキャラクターを選べるようです。

f:id:chapter_final:20210430235317j:plain
サイラス先生だ! お世話になってます!
大陸の覇者は1ヶ月ちょい続けているけど、いまだに唯一の☆5
年齢を知ってびっくりだ。大陸の覇者はこの物語の何年か前の話らしいので、わたしが大陸の覇者で一緒に旅しているサイラス先生は30歳より若いってことだよね…。思っていたより10歳くらい若かった…。
わたしのパーティはレベル上限の関係で途中で何度かメンバーを変えていて、最初から最後までずっと一緒だったのはクレス・ケネスとサイラスだけなんですが、みんなおじさんだ〜とか思っていたのが失礼すぎるな…。サイラス先生、オルステラ大陸でも現実でもファンが多そうなのでこんなことを言っていると闇討ちに遭いそう。
サイラス先生といえば学者、学者といえば本が武器というのがユニークで気に入っているのでこちらでもどんな本が手に入るのか楽しみです。本って貴重品っぽいし学者は本を大切にしそうなものなのに、武器にしちゃうってのがおもしろくて好き。

f:id:chapter_final:20210430235255j:plain
大陸の覇者にも出ていましたね。かっこいい。
踊子…父親…復讐……。
…まさかね。

f:id:chapter_final:20210501040707j:plain
コニーちゃんのトラベラーストーリーで会ったトレサ。かわいいなー。
思っていたよりも年上だった。この世界の成人っていくつなんだろう? 18なら成人していそうな気もする。

f:id:chapter_final:20210430235339j:plain
テリオン。ビリーくんのトラベラストーリーで会いました。スペルはthなんだな。
関係ないけど、主人公たちの名前の頭文字を合わせるとOCTOPATHになるっぽいです。
大陸の覇者で指輪に導かれた主人公である盗賊のクレスに敬意を表して、今回の主人公は盗賊のテリオンに決めました。
このイラストもいい感じ。わたしはリンゴが好きなのだ。味とか見た目が好きなのもあるけど、ポケダンで死ぬほどお世話になるから。この絵のリンゴが意味のあるリンゴなのかその辺で適当に盗んだリンゴなのかはわかんないけど。
あれ、ずっと冒険を共にしてきたサイラス先生本人には敬意を表さないのかって?
…鋭いですね。

主人公としてテリオンを選ぶと、「盗賊は盗賊らしくやらせてもらう」という台詞を聞けます。想像より低い声で、小さい。他の人は何て言うんだろうな。

f:id:chapter_final:20210430235422j:plain
物語は酒場からスタート。
酒飲めるんだ、と思った。22なら成人しているだろうから当然っちゃ当然なんだけど。今まであんまり飲酒描写のあるゲームはしてこなかったんだなと気づいた。大陸の覇者ではクレスやケネスがお酒を飲んでいるのを見ていましたが。
f:id:chapter_final:20210430235409j:plain
f:id:chapter_final:20210430235515j:plain
酒場にいた盗賊のコンビの会話を聞いて感傷に浸るテリオン。
ダリウスの名はビリーくんのトラベラーストーリーで出ていました。テリオンとダリウスも、かつては「兄弟」というくらい近しい仲間だったようですが、何らかの事情で今は一緒にいないようです。
盗賊の物語を進めるにあたって出てきてほしくないワードは「義賊」と「裏切り」なのですが(心が受け止めきれないので)、テリオンとダリウスが義賊団を結成していたりテリオンがダリウスに裏切られたりしていないことを祈ります。書いていてつらくなってきた…。
ウィンゲートのトラベラーストーリーとか、覚悟して見たけどいろいろ考えちゃってしんどかったし。間違いなく良い話なんだけど、彼の話を見る前に誰の話を見ているかで受け止め方は変わるよね。これに限らず進め方は人によって異なるから、それぞれの感想があるはずで面白いなと思う。

酒場の店主から「盗賊殺しのレイヴァース家」の話を聞き、盗みに入ることを決めたテリオン。
警備の厳しいところで盗みを成功させるのが盗賊としての彼の生き方っぽいのかな? 義賊じゃなさそうで一安心。

自由に動けるようになったので、いろいろ見てみる。
ここはクリフランド地方のボルダーフォールという町だそうです。初めて聞くと思う。
三層に分かれていて上に行くほど裕福。同じクリフランド地方のクラグスピアも下層が貧民街だったので、そういう特徴の地方なんでしょうか…? ドラクエ11のデルカダールに似ている。
「クリフランド地方、最大の町ボルダーフォール」と言っている町人がいて、ちょっと心がざわざわした…。エドラスの首都クラグスピアを凌ぐってこと…?

f:id:chapter_final:20210501050038j:plain
初期装備。大陸の覇者とは違って、ジョブによって武器をいくつか持てるみたいです。
背景の地図、右の方に船…はわかるけど、他にも赤い何かがいるな…。なにこれ? マーメイド?
普段音量のオプションは変えないんですが、テリオンの声が小さいのでボイスを一段階上げて最大にし、それ以外を一段階下げました。クレスもたまに声小さいなと思うときあるし、ちょっと似ているかもね。
武具屋とか道具屋、宿屋には入れないみたいで、扉のところでやりとりが行われるっぽい。素材を集めてストックしてもらって作りたい武器や防具を作るという仕様でないからか、鍛冶屋ではなく武具屋なんだね。

f:id:chapter_final:20210430235622j:plain
屋敷前で様子を伺うテリオン。
衛兵に番犬に罠。商談に来た商人すら、身分を証明できるものがなければ通してもらえないようです。

f:id:chapter_final:20210501051947j:plain
追い返された商人たちの話では、信用状を持っていなければ通してもらえないらしい。
テリオンって、盗賊としての自分に強い誇りとか自信を持っているのかな。
ここからフィールドコマンドが使えるようになります。テリオンのフィールドコマンドは「盗む」。
f:id:chapter_final:20210501052237j:plain
確率でアイテムを手に入れることができるが、失敗すると町での関係性が悪くなる。
大陸の覇者でいうところの「ねだる」っぽいですが、あちらは一応合意の上でもらっているので一緒にしたら悪いかも。フィールドコマンドを使うときにポーズを決めるのも同じ。
チュートリアルということなのか、誰も彼も成功率100%だったのでここぞとばかりに盗みまくりました。精霊石って支援者で使える人がいるのを見かけていたけど、アイテムだったんだ。

 

つづき