さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

Gorogoa

ちょっと前に知り合いが絶賛していたのでやった。
ちょうどセール中だったのでラッキーだった。セールはとてもありがたいが良いゲームは定価で買って製作者に還元した方が良いのではないかという気持ちもある…。
前情報なしで遊び始めてパズルゲームなのだと気づく。進めていくうちに、こういうパズルゲームの手法もあるんだと感嘆した。

f:id:chapter_final:20210221210216j:plain

f:id:chapter_final:20210221210524j:plain
f:id:chapter_final:20210221210515j:plain

絵を動かしていくと新しい物語が現れ、ピースがうまく合わさるとさらに物語が進んでいく。

f:id:chapter_final:20210221211025j:plain
f:id:chapter_final:20210221211009j:plain
この場面はさらに左下と右上を合わせることができる。

f:id:chapter_final:20210221211116j:plain
f:id:chapter_final:20210221211122j:plain
f:id:chapter_final:20210221211135j:plain
こうやって、一見関係なかった絵が一つのシーンになると感動する。

f:id:chapter_final:20210221211320j:plain
ストーリーの大筋は、不思議な生物を見た少年が捧げ物を集めていくというもの。
この生き物がGorogoaなのかな? この記事冒頭の、1枚目の画像の生物。
色のついた果実? を集めるとチャプターが進行していく。

f:id:chapter_final:20210221213130j:plain
パズルを進めると現れてくるシーンは初めはそれぞれがよくわからなかったけれど、進めていくうちに繋がっていく。

f:id:chapter_final:20210221214145j:plain
ここ楽しかったな。

f:id:chapter_final:20210221214238j:plain
これは巡礼なんだろうか。

f:id:chapter_final:20210221214505j:plain
5つの果実を集め、少年はGorogoaに会うが…。
果実は黒く染まって燃え上がり、少年は空から転落。

もう一度パズルのシーンをめぐり、果実の色を取り戻す。

f:id:chapter_final:20210221214821j:plain
f:id:chapter_final:20210221214853j:plain
f:id:chapter_final:20210221214916j:plain
f:id:chapter_final:20210221214927j:plain
f:id:chapter_final:20210221215006j:plain
f:id:chapter_final:20210301000444j:plain

芸術性の高い作品だった。
ストーリーを通して、蛾など繰り返し現れるモチーフがあったり同じ場所が何度か現れたりするので、考察し始めたら止まらない。
普段パズルゲームはあまりやらないので、そういった意味でも良い刺激だった。