さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

モンハンライズ #45


スラアクを切り替えているところ。

引き続き3月くらいの記録です。

何かを愛しのめり込んで語っている人の話は、たとえその愛の対象を自分が知らなくても聞いていて楽しいし健康になるな〜と個人的には思うのですけど、じゃあわたしのは? って振り返ると駄文ばかりですみません〜って気持ちになりますね。

まあとにかく、みんななんでもいいので狂った話を聞かせてほしいな〜。


新しい武器を触ってみたいなと思って双剣の練習をしていたころ。これはマガイマガドの皮をかぶった百竜武器で、片方ずつ属性を変えられるのが楽しいな! と思って雷と麻痺にしてみた。百竜武器本当に楽しい。

雷なのは例によってマガイマガドと戦うため…。通常時は水が効くのでそちらでもいいけど、エフェクトが雷の方が好きだ…。


小さいかな? と思ったら最小サイズを更新していた。71体目。
タマミツネの金冠集めはそこそこ苦労して、60体超えてそろっていた気がする。まだもっと小さい個体がいたのか…。



大きさ比べ用。う〜ん…?

タマミツネには双剣の練習に付き合ってもらっていた。楽しい。


タマミツネ双剣も作った! 刀身に桜の模様が入っていて綺麗。こういうお土産ありそうって勝手に思っている。

滝のところに虹が見えるんだなって眺めていた写真。


最後のイベクエ、「あの日の思い出」が配信された。
わたしはライズの体験版はやっていないし、そもそも体験版が配信されたころはモンハンをやる未来があると思っていなかったな。なんだか不思議で、でもよかったなあと思って微笑んでしまう。



かわマガ…。



オサイズチ、タマミツネ、鬼火状態のマガイマガドはみんな雷が弱点だ。マガイマガドのために作ったナルハタ太刀を担いでいってみたり、雷麻痺双剣の練習をしてみたりした。

ナルハタタヒメとイブシマキヒコもどちらも好きだから武器を作りたくて、大好きな太刀で作ってみたら楽しくてうれしい。


クシャルダオラともよく戦ったりした。称号狙いかな。
龍風圧を出したまま倒れたことがあって不思議だった。


不思議といえば、里の中で受け身ができたこともあったなあ。写真じゃわかりづらいけれど。

この記事のころの写真も出てきた〜! 全然追いつけていなくてやばい。

基本的に時系列に沿って書いているのですが、たまにリアルタイムで書きたいときがあって結構ぐちゃぐちゃしているな…。まあわたしくらいしかちゃんと読まないからいいか。いやわたしすら読み返したりはしないけど…。


わたしが風で飛ばされているときにマガが鬼火を纏ってクシャルダオラに突っ込んでいってくれて、連携がとれているというか仇討ちというかかっこいいなって思いました!


ランスの練習もしていた。演出がかっこいい…!

槍に憧れはあるけど、憧れのままで良いとも思う。使い方はわかる、くらいでいいかな。
あと盾持つのめっちゃ苦手だ…。ガードするという発想がない。動きが遅くなるのも苦手…。


ライトボウガンを使えるようになってきたから、ジンオウライトも作ってみた。斬裂弾でバゼルギウスと戦ってみる。
特に良い写真がなかったから縄張り争いの写真になってしまった。


片手剣も使い始めた。
滅・昇竜撃のカウンターやフォールバッシュが楽しい。タイミングを合わせてジャストラッシュを決めるのも楽しい。


百竜夜行のマガイマガドの撃退報酬で逆鱗。マガイマガドは自身の素材を1枠しか落とさないんだよね。あとは鎧玉とか珠とかになるんだったかな。
この1枠で紫玉が出たことは何度かあってうれしくてブログにも載せてきたけど、逆鱗は実は初めてかも…?


ヌシ・ジンオウガが2つ碧玉をくれた! このあとターゲット報酬でも出たからすごい。

ヌシも何匹か倒せば称号が手に入るのかなと思って討伐に行っていたのですが、ヌシは称号ないのか! あとからギルドカード見返して気づいた。悲しい。


曲射を纏って綺麗な感じ。

百竜夜行にたくさん行くから、飛翔にらみ撃ちでヌシと戦う写真が本当に多い。

 

次回

前回