さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

旅の再開 (オクトパストラベラー #1.5)

f:id:chapter_final:20211016143708j:plain
フレイムグレースのライオネルのいる場所で、感動して写真撮った。
ファルコのいるところでも撮った。

タイトル画面をぼーっと見ていたんですけど、ここのBGMには大陸の覇者の「導き」のフレーズが入っているんですね。正確に表すなら、ここのテーマの一部がアレンジされて「導き」のテーマが作られたってことなんでしょうけど。

オフィーリアから始まってオルステラを時計回りに、主人公たちが次の主人公の町をめざしてそれぞれの地方を歩いているんだなあ。

他のゲームが一区切りついたので、半年ぶりくらいにSwitch版のオクトラを遊んでます。
大陸の覇者の内容をちゃんと振り返っておきたい気持ちもあるんだけど、楽しいのでどんどん進めてしまっています…。

この半年の間で大陸の覇者をやり込み、世界観の面でもバトルの面でもオクトラの世界への理解が深まったので、以前やったときよりもさらに楽しめている気がする。

今は全員の第1章が終わったところ。
仲間にした順番は、テリオン(主人公) → プリムロゼ → サイラス → ハンイット → トレサ → オルベルク → アーフェン → オフィーリア。サイラスまでは4月末にやっていて、ハンイットから最近始めた感じ。

現時点での感想を書いておきたいと思います。各主人公の第1章までのネタバレと、大陸の覇者の「授けし者」各2章までの内容を含む可能性があります。

 

 

テリオン (盗賊)

f:id:chapter_final:20210430235339j:plain

バトルジョブ: 狩人
本当は学者にしたいんだけど最初に手に入れたバトルジョブが狩人で、すでに結構JPを振ってしまっているのがもったいなくてそのままになっている…。

大陸の覇者の主人公(選ばれし者)はSwitch版とは異なりランダムに決定されるけど、わたしの場合は盗賊だったので、その縁で選んだ主人公。

最初に選んだ主人公はパーティから外せないということを後から知ったけど、パーティに盗賊は絶対欲しい派だから全然良かった。テリオンにしか開けられない宝箱もあるし。
フィールドコマンド「盗む」で町の人から強い装備を盗むことでバトルが快適になるのも楽しい。

わたしは大陸の覇者の旅を盗賊クレスと歩んだことをとても誇りに思っているので、同じ盗賊であるテリオンがどういったやつなのか---信頼に足るやつなのかどうか厳しい目で見ていたけど、テリオンはテリオンで腕の確かな盗賊だし、ブースト時の声に気迫がみなぎっているのが何より気に入った。

ライオネルやファルコが好きで、バトル中の立ち姿も大好きなんだけど、テリオンこそその始祖だったんだね! ライオネル、ファルコ、ベルトランがみんなマントを見せているのに対してテリオンはそうじゃないから気づくまで時間がかかった。
HPが減った時の体勢はファルコとテリオンで同じ気がする。盗賊同士といったところか。たぶんベルトランも同じ気がするけど。

マジックスティーダガーの使い勝手が良すぎる。SPを自前で回復できるので、ケチでアイテムをあまり使いたくないわたしとしてはとっても助かる。

テリオンの旅立ちの理由はヒースコートの依頼(?)で竜石を集めるためだけど、かつての仲間との過去も絡んでくるはずだから楽しみ、です。

 

プリムロゼ (踊子)

f:id:chapter_final:20210430235255j:plain

バトルジョブ: 薬師
めちゃくちゃかわいい。バトルジョブは結局見た目で選んでいるな…。
かつては学者で、いろんな属性攻撃が使えて頼もしかった。

ストーリーがとても気になったので選んだ2人目の仲間。
大陸の覇者にも実装され、とってもお世話になっている。

「自分を信じ、貫く」という信念の通り、何が立ちはだかっても最後まで復讐を遂げてほしいと思っている。
ああ、ユースファ…。

フィールドコマンドの「誘惑」はサブストーリーでよく使うので助けられている。町の人たちの技を見られるのも楽しい。
大陸の覇者のフィールドコマンドでは「町の人の情報」「持ち物」「支援技」を1つの画面で見られるけど、あれって結構便利だったんだなあと思った。Switch版だとそれぞれの主人公が異なるフィールドコマンドを使えるという仕様上、使うフィールドコマンドに関するところしか見られないので。

達人の鼓舞Ⅲや武人の鼓舞Ⅱ/Ⅲに慣れきっているのでバフ技は全体が対象と思い込んでいたけど、単体対象のアビリティしかないからちゃんと考えて使う必要があるなあ。
パルプンテ摩訶不思議の舞が楽しいのでついブーストして使ってしまう。地面が爆発したりして笑うけど、EXP2倍なんかも出たりするので侮れない。

 

サイラス (学者)

f:id:chapter_final:20210430235317j:plain

バトルジョブ: 神官
これも見た目で選んだ。気に入っている。
三色の魔法に加えて光魔法も使えて楽しい。回復もしなければならないので忙しい。
こっちでも苦労させているのかなあ…。

何度も書いてきたけど、大陸の覇者で最初からいっしょに旅してきた大先生。
こちらだと学者の魔法は最初から全体が対象なんですね。便利だし派手。楽しい。
学者と神官の組み合わせだと、武器は杖しか使えない。杖での攻撃はまったく威力が出なくて笑える。大陸の覇者だと本での攻撃も結構強かった気がするけどな。
もう武器での攻撃はほぼさせないつもりで、「禁断の杖」という物攻とクリティカルが下がる代わりに属攻が大幅に上がる武器を手に入れたので持たせている。強い。

テレーズ、後から気づいたけど髪伸びた? 大陸の覇者の髪型がめちゃくちゃかわいかったので惜しい…。まあ貴族令嬢たるもの、髪は長く美しくっていうのがあるんだろうか。
この話を見た後に大陸の覇者でテレーズを導いたので心証は最悪だったけど、トラストを見たりバトルをともにしたりするうちにどうでもよくなった。根はいいやつだと思う。恋心(恋だけではない気もする)は人を惑わせるのだ。恋に恋する年頃かもしれないし。

そしてサイラスは前向きすぎる。
何かあっても努めてそういう前向きな受け止め方をするようにしているのか、嫉妬とか羨望でトラブルに巻き込まれるのがよくあることで慣れきって感情が擦り切れているのか、反対にもともとそういった負の感情が欠けていたからここまでやってこれているのかはわからない…。これから語られるのかもしれないし語られないかもしれない。こういう内面の深いところは語られないでプレイヤーの想像に委ねられるのが綺麗かもしれない。

サイラスが「知識は共有すべきもの」というような内容で、学びの成果を独占しようとする学長に反論していたのが心に残っている。
わたしの家は全然学問に秀でていた家系というわけではないけど、冴えない高校生だったわたしが一念発起して東大に合格したときに祖母が「せっかく東大に受かったのだから、学んだことを世間に還元していかなければならないよ」と言ったのを思い出した。

 

ハンイット (狩人)

f:id:chapter_final:20211016144344j:plain

バトルジョブ: 剣士
ティキレンじゃん! と思って選んだ。戦闘終了時のポーズも同じ。

気づいたらフィールドコマンド邪道メンバーばかりだったので、4人目の仲間も邪道でそろえることにした。

ハンイットは魔物を使って人を襲わせる「けしかける」という決然としたフィールドコマンドを使えるので、人を憎んでいたりするのかと思ったけど別にそうではないらしい。

ザンターが「一の矢の失敗は二の矢の成功」と言っていておおっとなった。
大陸の覇者のトラストでハンイットも言っていたし、ザンター自身もよく言っているよね。わたしはザンターは持っていないけど恋人が以下省略。

そのザンターが心配になる幕開け。たぶん(最終的には)無事なんだろうけど…。大陸の覇者でプレイアブルのトラベラーとして実装されていなかったらもっと不安になっていたと思う。いや、まだどうなるかわかんないけど…。

シ・ワルキのBGMは初めて聞くものだと思う。どこか神秘的で不思議な感じ。
あと旅立つときに「決意」が流れたのも良かった。

ハンイットは魔物を捕獲できるのが楽しい。
ブレイブリーデフォルト2でも「魔獣使い」というジョブがあって魔物を捕獲できる職だった。捕獲時の演出が同じだなと思った。
BD2の「魔獣使い」はいちばん好きなジョブで、人によるとは思うけど個人的には最強ジョブだと思う。わたしの遊び方にはめちゃくちゃ合っていた。とにかく片っぱしから魔物を捕まえるのが好きで、初見の魔物はとりあえず捕まえてストックしていた。オクトラと違って捕獲数に制限がない、気がする。あとオクトラとは違ってパーティ内でのジョブ被りの制限がないので、全員総出で捕獲の機会を狙うのも楽しかった。捕獲した魔物はパーティ内で共有されるので、捕獲担当と使役担当に分けられるのも良かった。

なんでこんなに魔物を捕まえるのが好きなのかはわかんない。ポケモントレーナーの血が騒ぐのかな?
オクトラだと捕獲しておける魔物の数に限りがあるので、こまめに魔物を確認して使う方がお得な気がして(捕獲上限が来て、捕獲していた魔物をただ逃すというのはもったいないので)、使う機会が増えるのも、手間ではあるけどこれはこれで楽しい。

大陸の覇者だとブレイク中も弱点による補正が入るけど、Switch版はたぶん入っていないっぽい? だから、「けしかける」のときはリンデとかでシールドを削ってブレイク中は相手の弱点にかかわらず強い魔物を使った方がいいんだなというのがわかった。
リバーランドにいた何かしらのサラマンダーが使える「暗闇大突進」という槍の技があほみたいに強くて感動した。あほみたいに強い。本当に。

「けしかける」コマンドはどういう使い方をするのがいいかわかっていなかったけど、家のドアを塞いでいるような町の人をどかすときに使ったらいいのかな。最初はよくわかっていなくて、見かける町の人で倒せそうなやつは全員倒していた。すまん。

 

トレサ (商人)

f:id:chapter_final:20210501040707j:plain

バトルジョブ: 学者
本当は狩人にしたい。今狩人をつけているテリオン次第だけど…。
トレサは何のジョブになってもかわいい。ベースジョブが帽子を被った姿だからか、バトルジョブでも被り物をしていることが多くてかわいい。学者や神官のフード姿もかわいすぎるし、狩人で魔物の被り物をしているのはありえんかわいい。
今は学者なので、商人の風と合わせて4属性使えるのがうれしい。「しらべる」もかわいい。

トレサ先輩にも大陸の覇者で大変お世話になっているなあ。持っている星5商人はトレサだけだけど、彼女ひとりでもいろいろな役割を果たせる優秀さ。さすがだ。

リプルタイドへの行き方がまったくわからなくてすごく苦労した。同じ道を無限に通った気がする。
大陸の覇者で、新しい橋を建設中だと言っている町の人がいたからそこが通れるようになっているのだろうと思った…けど、そんなことがわかっても道がわからないということに変わりはなかった…。
結局どうやってたどりついたのかわからないし、また行けるのか自信がない。ファストトラベルに感謝して目を背けたい。

大風呼びの「幸運の風よ吹き荒れよ」も好きだけど、風呼びの「いい風吹いてる?」も好きだなあ。
ヴァルカンの「光よ乱れきらめけ」が好きで、よく自分のヴァルカンや恋人のヴァルカンに「今日も乱れきらめいてる?」って(わたしが)聞くんだけど、それを感じる。意味不明だなこの文章。

海賊に酒を飲ませるというアイデア、ケネスとトレサの追憶の書で語られていたのがここと繋がっているのかと気づいて鳥肌が立ちました…。知識を吸収して適切なときに使える機転の良さ、さすが商人。

トレサのパパとママが獣のスカーフと竜のスカーフを持っていたので早々に買い取った。大陸の覇者で使いまくっているアクセサリーだ。この旅でも助かっている。

「歩いてリーフ」もめちゃくちゃ便利。道端の金貨を拾っている…というのはあまりに商人らしくないので、きっと隙を見て商いに励んでいるということなんだろうと思っている。ありがたいことだ。
せっかくトレサが集めてくれたお金も、町の人との関係性の改善に消えていくことが多いのが無念だけど…。

トラストを見たときも思ったけど、トレサのテーマ良いな。バトルエクステンドも好き。
海風が吹いているのが見える。太陽があなたの旅路を明るく照らしているのが見える。

 

オルベリク (剣士)

f:id:chapter_final:20211016144357j:plain

バトルジョブ: 商人
消去法に近い。盗賊と商人が残り、剣士に盗みをさせるのは忍びなかったので商人にした。
見た目をすごく気に入っているというわけではないので機会があれば変えたいかも。

山賊が町に出たから戦いにいくというのが第1章だけど、町に着いた時点で盗みまくったり魔物をけしかけまくったりしていたので、自分たちも山賊同然な気がする…。ごめんなさい…。

山賊のリーダーは、ボス戦のBGMがボスバトル2だったのも納得の潔いボスだなと思った。
そしてラースさんはこの物語で出てくる人なんだね。先が楽しみな物語だ。

オルベリクのテーマは厳かでどこか物悲しい。ホルンが山岳地帯っぽい感じを表している気がする。
主人公のテーマ、その主人公らしさと地方の特色が現れていてすごいなあ。

 

アーフェン (薬師)

f:id:chapter_final:20211016144414j:plain

バトルジョブ: 盗賊
オルベリクと同じく消去法。

薬師の「調合」便利だなー!
ボスが状態異常を多用してくるやつだったので、「調合」のありがたみがよくわかった。
攻撃面でも便利すぎるのでは…。

アーフェンはとてもいいやつだし、その友人のゼフもいいやつだと思った。
ゼフとかゲルタスとか、大陸の覇者にも出ていたよね。「全てを極めし者」のときアーフェンはなんでいなかったんだろう。プリムロゼは出ていたのにな。

アーフェンとゼフの友情の様は、荒んだオルステラでは貴重でちょっと泣きそうだ。オルベリクの直後に見たので心が痛む。互いの鞄を交換するのめちゃくちゃ良いですね。

アーフェンのテーマも好き。
川の流れのように穏やかで、でもきっと川がいろんな風景の中を流れていくように、アーフェンもこの旅で様々なものを目にするのだろう。そんなことを考えさせられる。

 

オフィーリア (神官)

f:id:chapter_final:20211016144422j:plain

バトルジョブ: 踊子
ベール姿が綺麗すぎる。ハンイットも踊子似合うと思う。
光と闇の属性攻撃が使えて楽しい。支援にも向いている。

オフィーリアという名前はどうしてもシェイクスピアを思い起こさせるよなあ。
オフィーリアはハムレットの恋人で、ハムレットの母である王妃の名前はガートルード。ちょっと興味深い。

フロストランド地方への思い入れが強すぎて、最後にとっておきたかった8人目の仲間。
オフィーリアもブースト時の声好きだなあ。

第1章の最後の方に出てきたマティアスって人、追憶の書で出ていた人だよね?
こいつが出てきたことによって、ヨーセフ大司教の体調が悪化しているのは偶然ではなくて人為的な策略によるものなんだなって思ったよ…。

名声を授けし者で回復魔法を使って戦いに参加していたヨーセフさんと会えたのはうれしいけど、こんな形なのは悲しい…。

わかってやっていたわけではないけど、リアナを導いたのはあの丘の上だったなというのを思い出した。フレイムグレースが好きで、あの丘も好きだったからたまたまそこで引いただけだけど、ちょっとうれしい。

丘にふたりの女の子が登っていくと教えてくれる町の人もいたし、あれはオフィーリアとリアナのことだったんだな。

名声を授けし者2章で戦ったボスと早々に戦うことになって笑った。姿は違うけど名前は同じだし、弱点も同じ…だった気がする。
名声2章の予告PV(ライオネルが選ばれし者やってるやつ)を見たとき、氷と風属性の旅人しか出ていないことに気づいて何でだろうと思っていたら、このボスの属性の弱点が氷と風で納得した思い出。

オフィーリアは心優しく、それでいて行動力も実現力もあるのが素敵だ。
悲しい旅路になりそうだけど、歩みを止めないでほしいなと思う。

 

オクトパストラベラーの主人公たち、だれもがひとりでも旅をできるだけの素養を持っていて、それぞれに魅力があり、自分の問題は自分で解決していくんだろうなと感じられるのが良いな。それでも一緒に旅をしていくっていうのが良い。

サブストーリーもぼちぼちやっています。各地方にひとつ、その地方で展開されていく続きもののサブストーリーがあるということなんだな。アシランやノエル、マイルズが出てきて感動した…。「青の踊子」も出てきましたね。

冤罪で捕まった人を助けるサブストーリーで初めて解決法が2択あるものがあるということに気づいた。これは「盗んで手に入れた牢の鍵を渡す」か「探って知った目撃者の証言を伝える」の2通りで、脱獄犯になるのはどうかとおもって「証言を伝える」方で解決したんだけど、これまでも知らなかっただけで2種類解決策があっても1つの方法しか知らずそれで解決してきてしまったのかな…とちょっと怖くなった。

「青の踊子」のサブストーリー(青の踊子を病弱な少女と会わせることでサブストは解決していた)関連っぽい「スタアの衣装」が手に入るのとか、ボルダーフォールの貧民たちが反乱を起こそうとしているのを止めるサブストーリー(貧民から武器を盗んでいたのでそれを依頼主の衛兵に渡し、衛兵が貧民との歩み寄りについて考える終わりだった)に関わりそうな「貧民生活向上生活」の情報が手に入るのとか、そのときは続きものなのかな? と思ったけど解決策の片割れだったのかな。

あんまり人の話を覚えていなくて、適当に依頼主を連れ回したり適当な相手を「けしかける」で倒したり、どこで手に入れたかも覚えていないアイテムや情報で解決したりすることも多いのでちょっともったいないのかもしれない…! 人の話はちゃんと聞こうと思った。

サブストーリーを通じて、街を跨いでこの人とこの人に繋がりがあったんだ、とか、この人はこういう考えでこういう行動を起こしたんだ、とわかるのはすごくわくわくする。

主人公がテリオンなのでサブストーリーはテリオンが主導で進めている感じになるんだけど、面倒見が良さそうな感じでちょっと面白い。