さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

原神 #5


v3.1のテーマイベントと、ドラゴンスパインの探索です。



HoYoLABでやっていたイベント! リシュボラン虎がかっこいい!


イベントと被っていたので、リサさんの伝説任務をやりました。リサさん強い。
前半でリサさんとモンドの街をめぐったのも楽しかったです。実際は貸し出し期限の過ぎた図書を回収していたわけですが…。

リサさんは魔法使い然としたデザインで好き。雷使いなのもいいな〜と思います。
雷だとフィッシュルも気になります。オズという鴉を連れていておもしろそうなんですよね。あと持っていないけど、魔法使いっぽいキャラクターだと恒常星5のモナもいいなと思っています。
このゲームは恒常ガチャを引くことが少ないので、仲間になるとしたら限定ガチャを引いた際にすり抜けで来たときになるのかな…と思います。あるいは恒常ガチャを引くためのアイテムももらえるので、それで運良く引き当てるか…ですね。


図書館!




v3.1のテーマイベント、杯の中のバラッドが始まりました。モンドで行われるブリーズブリュー祭を舞台としています。

このガイアの発言はモンドの人って感じだなあ〜と思いました。いつも一緒に旅をしているのでモンドを飛び出しているかのようなイメージですけれど、本当はずっとモンドの騎士団で仕事をしているんですよね。


レザーの両親にまつわる物語が始まります…。



騎士団の人たち! 差し込む光が綺麗。


夜もいい感じです。



バーバラも登場しました〜! うれしい!




フィッシュルとモナも出てきました。フィッシュルは仲間になっていてお試しでも使ったことがある気がしますが、モナは初めて会います。かわいいな〜。


主人公たちはチャリティーショップを運営することになりました。


お店はイベント中に手に入ったアイテムで自分好みに飾り付けできて、壺で飾ることもできました。楽しい!



モンドの人たちが隠した宝箱を開けるというイベントもありました。仲間たちの宝箱があってうれしいです。ガイアの宝箱はたいそうなことが書かれていた割にすごくわかりやすい位置にあって、ガイアらしいな…と思いました。




騎士団はガイアをアカツキワイナリーとの交渉に向かわせることにしました。
アカツキワイナリーはガイアが育った家で、今は義兄のディルックが経営しています。

いつも余裕のある素振りしか見せないガイアですが、珍しく考え事に耽っていました…。




ここの旅人の笑顔が素敵。



探しているのは両親の手がかりです。
ガイアは父親との記憶が強烈だからそう言うんじゃないかな…わからないけれど…。パイモンのこの台詞があることで、意味があるんじゃないかなと思うようになりました。ガイアをモンドに連れてきて、スパイとして置いていったのが父親。カーンルイアの希望なのだと言い聞かせて。











メイドのアデリンや主人公の後押しもあって、一緒にごはんを食べられて楽しい。

ガイアのキャラクターストーリーを見られるようになった直後にダインスレイヴの話に直面して、カーンルイアの民であったダインスレイヴのようにガイアも神々を憎んでいるのかな…と考えもしましたが、たぶんそうではなくて、カーンルイアから送り込まれてきたということ自体への罪悪感みたいなものをずっと抱えているのかな…と思いました。キャラクターストーリーを見る感じですが。まだ最後は見られていないからなんとなくですけどね…。
いやでも全部嘘で裏切ってくれても全然楽しそう。ただそうするとパーティの主力がいなくなってしまうことになって、わたしは旅が続けられなくなりますけれど…。





アカツキワイナリーの外の看板。パイモンの率直な感想がかわいい。

アカツキワイナリー周辺の曲って、グリーンスリーブスによく似ていますよね。モチーフなのかな…。イギリスの民謡なので、モンドらしいとかワイナリーらしい…かはわかりませんが…歌詞を調べたらわかるかな…。
グリーンスリーブスはとっても好きな曲です。演奏したこともあります。イングランドの民謡が好きなのです。
アカツキワイナリーの建物の中はパッヘルベルのカノンをモチーフにしている…と思う。
どちらも意図があって真似ているのかわからないので複雑ですが、いい曲だなあとは思います。


イベントの登場人物や発生場所が被っていると進められないので、休み休みやっていたディルックの伝説任務も終えました。
そのクエストを意識していなくても、フラグが立っている場所に行ってしまうと思わぬイベントが始まってしまうのはRPGあるあるな気がします。





これもガイアとディルックの話でした。


このパイモンの見解もいいなと思いました。









最後のムービーで、風神のもたらす風とともにみんなが家族との記憶を思い起こす描写がありました。ここにガイアのシーンもあってよかったです…。



変わったヒルチャールです。
こちらから攻撃しない限り襲ってくるわけでもなく、親しみ深い動作をしているので気の毒だなあと思いながらも、アチーブメントのために倒しました…。

この日は二度見かけて、その後も数日間見かける機会がありました。
出没する地点は決まっているっぽいですね…。


ドラゴンスパインの探索を始めました。
探索をめんどくさがることが多いので一気に進めたわけではなく、稲妻のストーリー進行と並行してやっていました。が、そのまま書くと見づらくなりそうなのでまとめておきます。



適当に探索したまま放置していて大変でした。ギミックがたくさん…。
寒さゲージがあって、たき火などの近くで休んだりホットドリンク的な料理などで対処したりする必要があります。探索を進めていく中でその料理は作れるようになりますが、面倒だしケチなので料理は食べずに強引に探索しました。


探索していく中で「挑戦者・3」のアチーブメントがたくさん埋まっていき、最後にこの「ゴリアテ」が残りました。ちょうど遺跡重機らしき魔物を見つけたので上から弓で狙って達成! うれしい〜! アンバーありがとう!



この柱の上にも行けて、たどり着くとアチーブメントがもらえました。
破片が宙に浮いている…。




いろいろと散りばめられた謎も解いて、お宝を見つけたり武器を作ったり。
1000年前の出来事だという雪山での事件に関するメモも見つけました…。


アルベドの伝説任務も見ました。これはドラゴンスパインが舞台だなと思って見たわけではなく、限定ガチャでアルベドが登場するため、どんなキャラクターなのか知りたくて見ました。


道中でイノシシプリンセスを見つけて、「浮世巡遊・2」のアチーブメントもコンプリート。
この名刺いいな〜。
雪山に行ったまま帰ってこない父を探す子どものサブクエストを受けていて、このイノシシプリンセスは件の父親の持ち物のはずですが、荷物とともに落ちていました…。山中にはこの父親ののこしたメモもあり、最後らしきメモの先にあったのだと思われます。メモを見つけたときに探したんですが見つからず、後で偶々見つけたので不確か…。
大丈夫…ではないと思うのですが、父親が帰ってきた(が記憶はところどころ抜け落ちている)ということでそのサブクエストは終わりになったので、生き延びていたってことなのでしょうか。


すごく近くを飛んでいる鳥がいて、鷹かなと思ったので弓で撃ってみました。上空を飛ぶ鷹を撃ち落とすというアチーブがあり、以前璃月かどこかで試したことがあったのですが、決まった軌道を飛ぶものの遠過ぎて狙いを定めるのが難しくてやめていたのでした。
ここはめちゃくちゃ近かったので弓で狙っている場所を鷹が再び飛ぶまでの周期が短く、外してもリトライしやすくてよかったです。



ついでに他のものも狙ってみました。ヒルチャールのような人型の敵は頭が弱点みたいです。
スマホでやっているため操作感も微妙だし、遠くにいる敵は表示されないので大丈夫かな〜と思っていましたがなんとか達成できました! ちょっと設定変えたけど意味はあったのかな? ともかくうれしいです!


シャープシューター」を達成し、名刺ゲットです!


BD2の魔獣使いやオクトラの狩人で片っ端から魔物を捕まえるのが好きでした。原神でも例に漏れず、いろんな動物を捕まえては壺に持ち帰っています…。リシュボラン虎は捕まえられないの…残念すぎる…。

 

次回

前回