さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

原神 #3


リシュボラン虎!!

育成に関しては毎日コツコツ積み重ねる必要があるゲームなので、自分はちょっと苦手かなあと思っていましたが、今のところ続いています。



1つ目の国モンドでの物語が終わり次の国へ向かう前に、期限が迫っていたイベントをやりました。


この記事でも一部載せていたように、いろんな生物の写真を撮ったりバトルしたり…何日間かに分けて配信されていたようで、ボリュームたっぷりのイベントでした。




リシュボラン虎の写真をたくさん撮れて楽しかったです!



このイベントで写真を撮る必要のある「アランナラ」に会うために、実装されたばかりっぽいサイドストーリーも少し進めました…。

イベントの舞台は最新地域でしたが超序盤から行くこと自体はできました。イベント参加にも本当はそれまでのストーリーをクリアしている必要があったっぽいですが、そうでなくても始められるようなシステムが整っていました。話の繋がりがわからないところはありますが期間の決まっているイベントに参加できないほうがつらいとわたしは思ったので、参加できてよかったです。

とはイベント全体としてはボリュームが多く、仙霊イベントもそうでしたが似たようなことを繰り返すものだったのでこのゲーム向いていないのかな〜と思ったりはしました。
たくさん遊んできたけど実は自分RPG苦手な気がするし、探索もあまり好きじゃない気がする…。
ストーリーを楽しむことやバトルすることは好きだけど、隈なくいろんな場所をめぐったりいわゆるおつかいみたいなサイドクエストを達成したりするのは嫌い。でもそれがRPGの醍醐味だとも思うから、RPG自体が苦手なのかな…と思っています。



モンドの風神像。


誕生日を決める必要がある場合はたいていそのゲームを始めた日かその近辺にするので、早々に誕生日プレゼントをもらえました。笑


さて、2つ目の国の物語に進みます。
モンドは「自由の国」でしたが、今度は「契約の国」璃月です。



来て早々岩神の死に直面し、犯人として疑われそうになったところをファデュイの執行官に助けられました。ファデュイはざっくりいうと敵と目されている組織ですかね…。

コードネーム? は「公子」。モンドで出てきた「淑女」にも言及しています。わたしは淑女のこと好きなんですけどね…。




それから、契約の国でありながらモラ(お金)に無頓着な鍾離先生。「謎の先生」みたいにCMで紹介されていたような気がします。以前電車で見ました。



ストーリー中でお金が必要なところは全部公子のお金を使っていて笑いました。



寄り道しながらも話は進んでいきます…。



訳の問題かもしれないけれど「普通に考えたら」っていうフランクな表現がちょっと若い人みたいでかわいい。鍾離先生の正体には察しがついていましたが、それを考えるとって感じです。


凝光という権力者に会うのに、謎のプレゼントを作り出してしまった…。けど綺麗。



まあそうなるんだろうな…と思っていましたが、最終的にタルタリヤとバトル。
現在のパーティとしてはガイアとバーバラをメインに育てていて、元素反応用に他の元素を扱えるキャラクターも欲しかったのでリサと香菱も入れています。




形態変化を伴う3連戦に勝利。
前回世界ランクを上げたこともあり、ここまでのストーリーでちょっときついなと思うところもあったので心配していましたがなんとかなってよかったです。

戦う必要はなかったのかもしれないけど、ストーリーで必要な情報を集める際に近くにいたファデュイの先遣隊(だったかな?)との戦いがつらかったので、集団戦がしんどいのかな〜と思いました。



その後の渦の魔神との戦いも、仙人と七星(人間の璃月の権力者)の協力で勝利。
タルタリヤやこの渦の魔神と戦っているときのBGMが良かったです。


すべてが終わって陰で暗躍していた淑女とご対面。わたしはまた会えてうれしいです。



ウェンティが風神バルバトスだったように、鍾離が岩神モラクスです。



鍾離先生はモラクスを辞めて生きていけるのか一抹の不安が残ります…。



この魔神任務(メインストーリー)クリアで、塵歌壺というハウジング機能が解禁されました! あと釣りも。
塵歌壺が楽しみで、璃月の話をダダダっと進めていたのでした。が、塵歌壺をもらうまでの任務がおつかいでちょっと冗長に感じてしまってしんどかったです。事件解決系でしたが結末が読めていたのと、塵歌壺を早くやりたい気持ちが強かったからかな…。

塵歌壺自体も最初はできることが少ないので、これもコツコツがんばっていかないとなあと思うと大変です。やれば続けた分だけ進むのでやさしいとも言えますね。

璃月の話もいろんなキャラクターが出てきてみんな欲しい〜となってしまいました。
鍾離先生は神様だし強いみたいですね。わたしが始めたばかりのころ復刻していて、そこでは引けなかったので当分仲間にはできなさそう。原神の星5キャラクターは限定ガチャで実装されている場合が多く、そのキャラクターの復刻が来ない限りは引けないのだそうです。
敵であるはずのタルタリヤもプレイアブルとして使えるらしくて、マルチで他の方が使っているのを見かけます。仲間HP低下ボイスがいい感じだった。
あと七星の刻晴や(彼女は恒常星5のはず)、塵歌壺で出てきた煙緋(星5かと思っていたけど星4らしい)も欲しいですね〜!



でも今いちばん欲しいのは限定星5の胡桃です! 限定ガチャ同士は天井を共有するそうなので、胡桃の復刻が来るまで限定ガチャは引きません…。いつ復刻来るかな…。

胡桃は鍾離先生が今いる往生堂の人なので、ストーリー中では「胡堂主」と名前が出てきたと思います。
イベントのお試しで使えて超かわいかったので欲しいんですよね〜! 本当にうまくできているなあと思います。

今のところ主人公以外は星5のキャラクターはいませんが、このままでもやっていけそうなのでのんびりやっていこうと思います。育成コストがたくさんかかるので、素材もちょっとずつ集めておこうかな…。

 

次回

前回