さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

原神 #4


最近のイベントなどです。璃月での物語が終わってから稲妻に行くまでの間のお話も。


マルチプレイの秘境。連れている仙霊の色がみんな違って、思わず写真を撮りました。


モンドの東にあるマスク礁に、深境螺旋という場所があります。バトルコンテンツです。
第3層までクリアすると香菱がもらえるとのことでやってみました。
まともに育てているのはガイアとバーバラだけで、リサと香菱も多少レベルを上げていた程度でしたがなんとかクリアできました〜。よかった〜。
香菱は初心者ガチャで一度引いていました。螺旋報酬の配布で1凸です。

初めたてのころに海の果てには何があるんだろうと思って、ガイアの氷スキルで時間をかけながら海を凍らせてたどり着いたのがマスク礁でした。そのときは進行度的にまだ螺旋のワープポイントを解放できなくて、がんばって来たのに泣く泣く帰ったのでした。
なのでマスク礁には二度氷で渡ってやってきたのですが、いくらガイアが初期に確実に仲間になるキャラクターだとしてもこれが正攻法の行き方ということではなく、モンドの陸地からワープできるポイントがあると後になって知りました。なんか空に浮いているな…と思っていた空間があったのですが、それがワープホールだったとは…。


璃月。宝探しみたいな世界任務をやっている途中で良い感じのスポットを見つけました。


スメールの話ではちょくちょくリシュボラン虎が話題に出てきて楽しいです。


犬にごはんをあげるクエスト。お肉を置いたら犬がやってきてかわいい。このあとぺろりと食べていました。


璃月の橋にたくさん犬がいました。着いてきてくれてかわいい。


猫〜! 塵歌壺で飼えるようになりました。猫大好き! 「虎みたいに」かわいい。

イベントでアランナラの木彫りを作り、塵歌壺にも置けるようになりました。この記事の冒頭に写真を載せています。
このレッドタビーはアランナラと一緒にステージにのせてみました。


良い感じの楽器セットもあったので、作って飾ってみましたよ。




塵歌壺に仲間を呼べるようになりました。ガイアめちゃくちゃ良いこと言ってくれるけど、どこまでが本心なのかわからない…。


ガイアの義兄、ディルックの伝説任務。ガイアはずっとパーティのエースなのでここにいるし、主人公が知っていることはすべて知っているだろうな…と思った場面です。
基本的には主人公とパイモンの二人旅で、必要に応じて仲間を呼んでいる…って感じなのかな。




ガイアやバーバラはずっとパーティにいるから好感度がどんどん上がっていて、キャラクターストーリーもそれなりに読めるようになってきました。

ガイアの出自はめちゃくちゃ重要そうなのに、魔神任務(メインストーリー)中や伝説任務(キャラクターごとのストーリー)ではなくてここであっさり明かされるんですね…。いや、これから任務でも触れられたりするのかな…?







2周年を記念したイベントも始まりました。ゲーム中ではなくて、ゲームと提携している公式のSNS…? みたいなHoYoLABというところで開催されています。

旅の軌跡が細やかにまとめられていてすごい。長く遊んでいれば遊んでいるほど積み重ねた思い出も多いはずで、きっとより楽しいだろうなと思いました。
みんなかわいい〜! バーバラが姉であるジンにスパイシードリンクを渡そうとしているのが微笑ましい…! パイモンヒルチャールの真似をして、旅人の特訓に付き合っているのも超かわいい。

ログインボーナスもゲーム内だけでは受け取れなくて、HoYoLABでログインボーナスを受け取ることでゲーム内に送られてくるんですよね〜。

響めく - HoYoLAB

↑のアカウントでアルバム代わりに投稿しています。初心者なんちゃら期間があったので、それでたくさん投稿していたときもありました。


HoYoLABで行われているBottleMiというイベント。願いなどのメッセージをボトルに入れて流し合うというもの。
下の部分(リシュボラン虎を塵歌壺で飼えるようになりますように…)がわたしの流したボトルのメッセージです。もらってうれしかったお返事を載せておきます。たくさんボトルを流してたくさんお返事をもらえて、このほかにもいろいろうれしいお返事がありました…!
リシュボラン虎が愛されているのがわかってうれしかったし、他の動物のことも挙げてくださる方がいたのも興味を惹かれて楽しかったです。
HoYoLABは交流を盛んにさせようという感じのイベントが多くてすごいな…と思いますね。



アビス教団と戦うダインスレイヴという人物と会いました。
彼は七神に対しても懐疑的であるようです。


任務の途中でバーバラに会う機会がありました。夜の教会も雰囲気があって素敵。


ボレアスとも会いました。以前レザーの伝説任務で会いましたね。
レザーはv3.1のイベントの主人公とも言えるキャラクターで、最近よく見かける印象です。




ゲーム開始時に離れ離れになり、主人公がずっと探し続けている双子の兄ととうとう再会。
序章の終わりで示唆されていましたが、お兄さんはアビス側の立場みたいですね…。

そしてアビス教団はカーンルイアの民が変化したもので、ダインスレイヴはカーンルイアの人間であったことが明らかに。でもダインスレイヴはアビス教団と戦い続けている…。
たぶん、そこらへんによくいる人型の魔物であるヒルチャールも元はカーンルイアの人たちだったんじゃないかな…。多くは魔物となり知能を失い、知能を失わなかった一部がアビス教団を結成した…かな…。アビスの魔術師はなぜかヒルチャールの言語を理解し操るというので…。

ガイアのキャラクターストーリーで、ガイアはカーンルイアの遺児でありスパイっていう話が出てきたけど、魔物化せずに人間として生きている人もいるってことなのか…? 謎だ…。
それに500年前に滅びた国の末裔がそのアイデンティティを失わずにおそらく細々と生き続け画策し続けているのは凄まじい、かな。

ここの秘境は任務中で二度行くことになりましたが、触れたら即死につながる泡(触れると動けなくなり、そうしている間に床が消えて落ちて死ぬ)を避けながら先に進むのがきつかったです…。もう二度と行きたくない…。


このシーンではプレイヤーがつけた名前にかかわらず、「空」「蛍」とお互いを呼び合いますが、ここでパイモンが「旅人」に引き戻すのがちょっと怪しいかな…と思いました。わたしがパイモンを疑っているからそう感じるのかもしれませんが…。



この任務の途中で冒険ランクが35になったので、突破任務を受けてきました。
冒険ランク25で受けたときと内容は同じで、相手のレベルが上がっている感じなんですね。前回がキツすぎたので心配していましたが、今回は割と楽に済みました。
これで世界ランクは4に上がり、敵はまた強くなり報酬の質も上がりました。自分のキャラクターをもっと強くできるようになるのでうれしいです。

自分のキャラクターもなんとなく育ってきたので、冒険ランク35になる少し前から余裕は感じていました。この冒険ランク35ちょい前から冒険ランク45になって突破任務を受ける前くらいは割と余裕のある期間だったなと思います。


璃月を発ち、稲妻に旅立つにあたって撮った写真。


イベント中にジンさんが出てきたので姉妹で写真を撮ってみました。
「いつになったらお姉ちゃんみたいに、背が高くなるのかなあ」ってバーバラがよく言うけど、ちょうどぴったりの動作でした。かわいい〜。

 

次回

前回