さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。無断転載はご遠慮願います。

UNDERTALE プレイ日記44 「ゆめときぼう」

これまでのぼうけん:
パピルスおりょうりレッスン」とアンダインが呼んでいることが驚きだ…。
パピルスの代理でアンダインに料理の特訓をしてもらうことになりました。
まずはソースを作るそうです。
f:id:chapter_final:20210404024229j:plain

f:id:chapter_final:20210404024314j:plain
アンダインが足を鳴らすと食材が降ってきた。
このやさいどもをきさまのしゅくてきとおもえ!」と言われたので、言われた通り「ちからをこめて」なぐった。「ゆるーく」を選ぶこともできる。アンダインはうれしそうにしてくれたのでよしとする。
f:id:chapter_final:20210404024206j:plain
f:id:chapter_final:20210406011455j:plain
アンダインに交代したらすごいことになった。あとでかき集めてボウルに入れよう…とのこと。

f:id:chapter_final:20210406011943j:plain
次はスパゲティをゆでる。アンダインが再び足を鳴らすと鍋とスパゲティの箱が降ってきた。
本来なら自家製生麺が最強だが、いつも店で買ってきたのを使うそうだ。コスパが最強だからということらしい。ここまでの様子を見る限り、生麺なんて作れないだろうというツッコミは無粋なのでしない。
スパゲティを鍋に入れるよう頼まれたので、「ごうかいに」入れた。ここも選択肢で、もうひとつは「しんちょうに」。豪快、アンダインを表すにふさわしい言葉だ。

次はゆでながら混ぜる。「ここでのポイントは まぜればまぜるほど… おいしくなる ということだッ!」。そうなのかな?
がんばって混ぜたけど、アンダインは痺れを切らし交代。
f:id:chapter_final:20210406013738j:plain
混ぜ…というかブッさしている気もしますがアンダインが楽しそうなのでよしとする。鍋は変形した。

f:id:chapter_final:20210406013933j:plain
最後に強火でグラグラゆでます。
ゆめときぼう」はこの物語全体において大きな意味をもつワードだと思うのですが、アンダインは割とこの言葉を多用しているイメージがある。アンダインのとうぎじょうでのバトル前の長ゼリで、「きさまが いるかぎり モンスターには ゆめも きぼうもない!」と言っているし、どこだったか忘れたけどこの先でも少なくとも1回は使っていたような。後でスクショ見返して書こう。たぶん電話をかけたときだと思う。そしておそらく、今回同様たわいもなさそうな会話だったような…。何度か出てくる言葉の組み合わせなので、物語の最後でその意味を知る前から頭に残っていた。主にアンダインが使う言葉として。
なんででしょうね? ちょっとここで使うくらいのセリフなら、例えばあいとゆうきでも、何でも良いはずなのに。わざわざこのワードがチョイスされているというのは意味を込められているってことなんでしょうか。
「ゆめときぼう」はモンスターたちの間で通じ合う精神のようなもので…モンスターの世界の勇者たるアンダインはその象徴ともいえるべき存在だから? ってこと? うーん、わからん。
TPルートエンディングを見た今となっては、UNDERTALEにおいて「ゆめときぼう」が大事な言葉だと思っているので、それを「彼」と直接関係のなさそうなアンダインが使っているのは何故なのか勘繰ってしまうな。他のモンスターも使っていたりしたっけ?

f:id:chapter_final:20210406015928j:plain
話が逸れてしまったな。おりょうりレッスンの顛末です。
f:id:chapter_final:20210406020017j:plain
* つぎは なにする?
 * こうかんにっき?
 * おそろいのアクセづくり?
 * …
 * …はあ… もう やめだ…
 * みとめよう。わたしは しったいを えんじた…
 * ニンゲンよ きさまに わたしを すきになるよう しいることはできない。
 * そりがあわぬものとは どうやっても うまく いかないものだ。
 * きさまと わたしが みずと あぶらなら… それはしかたのないこと。
 * ともだちに なれないのなら…
 * …それでいい。
 * なぜなら… ともだちで なければ…
 * なんのきがねもなく きさまを しまつできるからなッ!
ここ、冒頭の交換日記やアクセ作りの提案で、アンダインが友達同士がすると思っていることを垣間見られて微笑ましかったです。
強いられなくてもわたしはアンダインのことが好きだよ〜。水と油じゃなくて水と魚、と思いました。心を許してくれたと感じていたけど、主人公を殺すことをあきらめていなかったのか…とも思いました。
アンダインの表情の変化が良かったです。
f:id:chapter_final:20210406020926j:plain
f:id:chapter_final:20210406020938j:plain
f:id:chapter_final:20210406020943j:plain

f:id:chapter_final:20210406021140j:plain
f:id:chapter_final:20210406021150j:plain
ということでバトルです。デートのたびにバトル画面を見ている気がするな…なんでだ…?
地味に主人公のHPが30であることに笑ってしまう。来る前にスノーフルに寄ったんだった。

わたしの まけだ… みてのとおり いえは ほのおに つつまれ…
 きさまとも ともだちに なれなかった
 こうなったら…
 きさまが きゃくじん だろうと かまいは しない
 ここで けっちゃくを つけさせてもらう! こんどこそ ぜんりょくで しょうぶだッ!
 プライドを ふみにじられ… このまま ひきさがれるものか!
 きさまも もてるちからの すべてを ふるい かかってくるがいい!

* アンダインは こちらの せんせいこうげきを まっている。
f:id:chapter_final:20210406021643j:plain
戦闘開始のメッセージの前にバトル画面での台詞が入る演出は初めてじゃないか? デートだからかな?
ATKとDEFが中途半端な値だなと思って見返してみたら、
f:id:chapter_final:20210406022001j:plain
鎧ありだとATKが9上がってDEFが1下がるんだね。さすがアンダインだ。

 

つづき
UNDERTALE プレイ日記45 「それがゆうじょうってもんだろ?」 - さいごのぼうけん