さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

UNDERTALE プレイ日記37 「きがあうとおもうな!」

これまでのぼうけん:
アンダインがすきだ〜。

猛攻を耐え切りました。

これいじょう じゃまは させない!
わたしは けっして たおれはしない!

このあたりから、「* アンダインは めを ヒクヒクさせている。」というメッセージが表示されるようになって心配になる。

f:id:chapter_final:20210313155645j:plain
f:id:chapter_final:20210313155652j:plain
これはかわいかった。

にげられるとおもうな、というのはにげろという意味だな…と思って逃げました。
バトルから逃げたのは初めてだ。タマシイがトコトコ歩いていってかわいい。
みどりの あいだは にげられないぞ!というのは、タマシイがバトルの中で移動できないって意味だけじゃなくて、バトルそのものからも逃げられないって意味だったのかな? だとしたら、これより前にも逃げるチャンスは何度かあったんだな…。

逃げたあと動揺して、先に進むのではなく来た道を戻ってしまいました。アンダインは追ってこなかったけど、アンダインのとうぎじょうに戻ったらまたバトルなのかな…。

f:id:chapter_final:20210313163003j:plain
アンダインのとうぎじょう」のセーブポイントに戻る。メッセージが変わっている。バトルが終わったことになっているのかな。話は聞いたしな…。

前回と同じように、アンダインが上から飛びかかってきてバトル。

* やはり もどってきたな!
 * きさまは おわりだッ!!

主人公が地上へ戻るためにはここを通らなければならないから、ここで待っていればニンゲンを倒せるという算段だね。さすが。

f:id:chapter_final:20210313163502j:plain
* アンダインが おそってきた!

タマシイの色が赤の状態から始まるので、すぐ逃げられるみたい。
こっちとしても赤のときの攻撃の方が楽だから助かった。
「にがす」を選んでみた。
f:id:chapter_final:20210313163745j:plain
かっこいい。

f:id:chapter_final:20210313164631j:plain
逃げた。さっきは撮れなかったタマシイが歩く様子。

今度こそ先へ進んだ。
f:id:chapter_final:20210313165119j:plain
アンダインが追いかけてくる。
アンダインは主人公を見つけるとビックリマーク(!)を出す。主人公がモンスターにエンカウントするときなどと同じ。
ウォーターフェルのサンダースネイルでカタツムリを応援していたときも、ビックリマークを出していたのを思い出して微笑ましくなってしまった。そんな場合ではないが。

追いつかれるとバトル。
f:id:chapter_final:20210313165151j:plain
* アンダインは いきが くるしそうだ。」というメッセージも出て心配だ。
今まで攻撃はしていないけど、バトルを続けること自体で疲弊しているのかな…?

主人公は逃げてそれをアンダインは追いかけるけど、疲れてきているからかアンダインのペースは遅め。
もっと早い時点で逃げていたらアンダインのペースももっと早くて、段階的に戦闘と語りが進む感じになっていたのかな。

さらに次のエリアへ。
f:id:chapter_final:20210313170125j:plain
うしろの電光掲示板には WELCOME TO HOTLAND! と書いてある。スノーフルと似ている。
フレームも消えているので、ここからはウォーターフェルではなくホットランドなのかな。

この危機的状況で、電話がかかってきた。
なぜか応答する主人公。今の状況わかってるか?
f:id:chapter_final:20210313170725j:plain
パピルスだッ! いまパピルスんとこの上司に追いかけられてるところ!
なぜかアンダインは待ってくれている。

ねえねえ…
 こんどさ、きさまとオレさまとアンダインの 三にんで あそぼうよ!
 きさまと アンダインは、きがあうと おもうな!
 ヒマなときに、アンダインの いえに きてねッ!
f:id:chapter_final:20210313171305j:plain
デートのお誘い!? と思ったけどパピルスがアンダインの家に主人公を招くのって謎だな…。仲が良いからかな…?
それにしてもアンダインと気が合うと思うと言ってもらえたのはとっても嬉しい。
ぜひ行きたいな、生きてたら
アンダインは結局電話が終わるまで待ってくれていた。優しい…のか? 不意打ちは卑怯だからか? 今の話聞こえてたかな?
パピルスは結構頭が回るというのを以前主人公の服装を聞いてきたときに感じたので、今回も実はアンダインに攻撃をやめさせるために一芝居打ったのかな…という気にまでなってきた。だってパピルス、こちらから電話をかけると主人公が今いる場所を特定しているし、今の主人公の状況もわかってそう。
考えすぎ!

次のエリアはホットランドの名がふさわしいような、マグマの流れる場所。
サンズはここでも見張りをしているのか。寝ているけど…。
スノーフルウォーターフェルで見たときと同じように、ここでも小屋に雪が積もっている…。
f:id:chapter_final:20210313172151j:plain

アンダインはサンズが居眠りをしているのをみて怒る。
f:id:chapter_final:20210313172117j:plain
サンズはロイヤル・ガードではないと思うんだけどなんで見張りをしているんだろうか?
アンダインはサンズの上司なのか?

アンダインをうまくかわしながらここのエリア近辺を移動すると、このエリアに入ってサンズに気がつく度にアンダインは怒りの表情を見せる。
f:id:chapter_final:20210313172616j:plain
ま、リーダーは苦労するよね。

さらに先へ。
f:id:chapter_final:20210313172734j:plain
* よろいが… アツい…
 * でも… あきらめる… わけには…

なおも主人公を追いかけようとするアンダインですが、とうとう倒れてしまいます。
f:id:chapter_final:20210313172907j:plain
おさかなだ…。

なぜか目と鼻の先にウォータークーラーがあるので、アンダインに水をあげました。
f:id:chapter_final:20210313172956j:plain
f:id:chapter_final:20210313173033j:plain
主人公、アンダインに水を飲ませてあげるというよりは水をかけているので、「水をあげる」っていうのはプレゼントするというような意味の「あげる」ではなく植物に水を「あげる」って感じだったのかな…。アンダインの心証を悪くするような行為はやめてほしいんだけど…。ひからびかけている相手にはこの方がいいのかな…。

f:id:chapter_final:20210313173329j:plain
アンダインは無事目を覚まし、キョロキョロとあたりを見渡したあと主人公を見つめ何も言わず去っていきました。
情けをかけられたのが信じられなかったのかな。アンダインには申し訳ないけどかわいかったです。

 

つづき
UNDERTALE プレイ日記38 「がめんごしにあなたを」 - さいごのぼうけん