さいごのぼうけん

遊んだゲームを紹介します。ネタバレ注意です。

UNDERTALE プレイ日記36 「Spear of Justice」

これまでのぼうけん:
す、すき〜〜〜
よこじまシャツの子との熱い友情を感じた。
アンダインに認めてもらうまでの道のりは遠そうだ…。

「ようやく…たいようのひかりをあびることができる…」

3月10日は東大の合格発表日で思い入れがあるので、今日この日に大好きなアンダインの話をできてうれしいです。

アンダイン戦続き。
パピルスやトリエルさん、ナプスタブルークのときは「こうどう」に「くどく」があって、この主人公は誰が相手でもくどきにかかる果敢なニンゲンなのだなと思っていたのですが今回はそれがない。今こそ本気を出すときなのに! 悔しくて泣いた。

先行でTPを見たときのデータ(別の本体で全く同じ進め方をしている。ブログ用のセーブデータを上書きせずにストーリーの続きを見たかった)ではGAME OVERになったので、今度は最初から彼女が言った通り弾が飛んでくる方を向いてみた。
f:id:chapter_final:20210304203748j:plain
ほめてくれた!
主人公は最初から上を向いているので、わざわざ操作しなければちゃんと弾を受け止めアンダインはそれをほめてくれるということだ。

「こうどう」から選べるのは、「うったえかける」と「ちょうはつする」。
パピルスのときは「くどく」と「ぶじょくする」だったので、相手と主人公の心理的な距離が表れているといえる。

「うったえかける」は何も起こらないことが多いですが、たまにアンダインのこうげきがすこしよわまります。
f:id:chapter_final:20210304210448j:plain
これはパピルスのことなのかなと思っていたけど、うーん…アズゴアかも。

「ちょうはつする」と主人公がアンダインをあおります。
アンダインの反応は、「アンダインはきにしていない」「弾がはやくなった」「弾がありえないはやさになった」というのがあります。楽しい〜。
ま、そのままやられるんだけどな。
f:id:chapter_final:20210304210814j:plain

戦闘中にダイアログボックスに出るメッセージも面白い。
f:id:chapter_final:20210304211715j:plain
f:id:chapter_final:20210304211726j:plain
f:id:chapter_final:20210304211759j:plain
f:id:chapter_final:20210304211802j:plain
f:id:chapter_final:20210304211822j:plain
どれもかっこいいな〜。
主人公はモンスターとのバトル中によく相手のニオイを感じているけど、アンダインとのバトルではスシのにおいを嗅ぎ取っているらしい。

「みのがす」も良いです。
f:id:chapter_final:20210304220259j:plain
「みのがす」だと!? ハッ!
きさまが わたしを にがそうとは かたはらいたい!
かりに わたしが ここで きさまを みのがしたと しても…
後述の「アズゴア王に〜」という台詞に続きます。

パピルスと同じように、アンダインもターンが進むのと同時に会話が進みます。
経過ターン数で管理されているのかわからないけど、初回の攻撃を防いでいないと会話が途中からになってしまい全文見られない、気がする。

初回の攻撃を防いだときの「なかなかやるな! ではこれをくらってみろ!」の続きから。

われわれモンスターは ながきにわたり ハッピーエンドを ゆめみてきた…
ようやく… たいようの ひかりを あびることが できる… あとすこしなのだ…!
ここまできて きぼうを うばわれて なるものか!
ぬあああ! あそびは ここまでだ!

ここでタマシイが赤色に戻る。
赤色になった直後長めのヤリが飛んできて、これは避けることができる。
赤色になってからは、他のモンスターとのバトルと同じようにタマシイを動かしながら弾幕を避けていく。
f:id:chapter_final:20210304212651j:plain

ハッ… すこしは できるようだな!
かりに わたしが ここで たおれたと しても…
アズゴア王に たおせなかった ニンゲンは いない!
つまり ここで わたしに おとなしく ころされるのが きさまの ためなのだ!

わかったら おとなしく ここで ほろぶがいい!
ニンゲンは いったい なにで できているのだ!?
ふつうなら とっくに しんでいる はずだ…!

タマシイが緑に変化。
攻撃の途中で動けなくなったので当たっているけど、ダメージは受けなかった。さすがアンダイン…。誇り高き騎士だ…。
f:id:chapter_final:20210304215812j:plain

ニンゲンの ケツイは つよいと アルフィーは いっていたが…
フン… なるほど そういうことか…!

f:id:chapter_final:20210304214941j:plain
このあたりから、黄色のヤリが出現するようになってこれが厄介。
この向きのヤリは本来左側から来るはずだけど、画像で確認できるように右側から来ている。これが直前で左側に移動するから、主人公は右じゃなくて左を向いていないといけないってわけ。
ただ本来の向きの逆からしか来ないっぽくて、上のやつが右から来たりとかはしないから冷静に考えればわかる。けど、連続で来ると当たってしまうんだよね〜。

だが わたしも まけてはいない!
わたしの ケツイで… おわらせてやるッ!」  
…いま すぐに!
…これで…  … …おわりだ!
ハ… ハハ…
ぬあああ! しね! さっさと しねぇぇ!

このあと怒涛の黄色いヤリの攻撃。
わたしはストーリーの先を見たくてこのブログで紹介しているデータとは別に新しいセーブデータを作っていて、まったく同じ周回を別の本体でやっています。だからアンダイン戦も2回やったんだけど、1回目は殺されずにいけたのに2回目この黄色いヤリが突破できなさすぎて死にまくった。なんでだ。
好きな相手とバトルするのがつらかったのか? 1回目のこのときからずっと大好きだったけどッ!
ブログ用のデータはまだ初回のエンディングにもたどり着いていないので、ちょっと違う結末を見ることもまだできるわけだな…。やらないけど…。
少なくとも今は。

 

つづき
UNDERTALE プレイ日記37 「きがあうとおもうな!」 - さいごのぼうけん