さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

UNDERTALE プレイ日記14 「ふくざつなかんじょう」

これまでのあらすじ:
町の人はニンゲンを捕まえなくていいのかな?
お店に引き続き、グリルビーズで情報収集です。
グリルビーズには今まで戦ってきたイヌたちもいて、実はロイヤル・ガードのメンバーでした。リーダーはアンダイン。

とても楽しいゲームで考えることも多いのでたくさん書いてしまうのですが、このペースで記事を書いていると、終わるまでにどれくらいかかるかわかりませんねー。

f:id:chapter_final:20210101125526j:plain
としょかん。看板はまちがっているらしい。
ここにもまた重要な情報が。

・モンスターのタマシイは「あい きぼう おもいやり」でできている。ニンゲンのタマシイはそれらがなくても存在できる。
・モンスターの体は魔力で構成されているが、ニンゲンの主成分は水である。肉体を持つニンゲンはモンスターより遥かに強力である。
・魔力で構成されているモンスターたちの体はタマシイと連動する。戦いを望まぬモンスターは防御力が低下する。さらに敵が残忍であるほど受けるダメージは大きくなる。「したがって きょうりょくな タマシイのもちぬしから さついを こめて こうげきされると… … きがめいる はなしは このくらいにして ケーキの レシピでも しるしておこう…
・モンスターは年をとって死ぬと体が塵になる。葬式ではその塵を故人が生前大事にしていたものの上にまき、故人の心がそれに宿ると信じられている。
「モンスターのれきし」 だい4かん
 ニンゲンの脅威から解放され、モンスターたちは「ホーム」を出た。寒さの厳しい沼地を抜け灼熱のエリアを進み、現在の都がある場所にたどりついた。王はそこを「ニューホーム」と名付けた。

モンスターよりもニンゲンの方が圧倒的に強いみたいだ。モンスターは魔法を使えるけど、ニンゲンは使えないのかな? オープニングで、魔法の力でモンスターを地下に閉じ込めたと語られているから、一部のニンゲンは使えるのかもしれないですね。
主人公は(わたしのプレイングが下手なせいで)何度かモンスターに負けていて、たぶんそれは殺されているってことなんだと思うけど、やっぱりニンゲンが束になって「殺意」をもってモンスターに戦いを挑んだらニンゲンの方が勝つってことなんだろうなあ。たとえモンスターが魔法で反撃できるとしても。

f:id:chapter_final:20210101130937j:plain
サンズ・パピルス兄弟のものと思われる家。
クリスマスリースや赤と緑の装飾が素敵。海賊の旗が飾ってあるのもかわいい。骸骨だからかな。
カギがかかっていて中には入れない。
右側のポストはパピルスのものでからっぽ、左側は書いていないけどサンズのポストだろう。開封されていないダイレクトメッセージがぎっしり。

f:id:chapter_final:20210101131216j:plain
町の北の方には、氷をひたすら川に投げ続けるモンスターがいた。なんだろう?

f:id:chapter_final:20210101131302j:plain
さらに北は何もないエリア。

西側へ進みます。
さっきの氷が流れているのが見える。
f:id:chapter_final:20210101133638j:plain
f:id:chapter_final:20210101133716j:plain
f:id:chapter_final:20210101133733j:plain
視界が靄?に包まれ、だんだん主人公ともうひとりの影が浮かび上がる。
f:id:chapter_final:20210101134025j:plain
パピルスだ。
じぶんとおなじように、パスタをあいするものをみつけたよろこび」「じぶんとおなじように、パズルがとくいなものへのあこがれ」「イケてて、あたまもいいヤツに、イケてるとおもわれたいというねがい」という「ふくざつなかんじょう」について語り、これこそ主人公が今抱いている感情だなと言います。パピルスの感情じゃないのかッ!
パピルス的には、「オレさまはいだいなるパピルスさま」で「ともだちがたくさんいるヤツのきもちなんて、フツーにしってるし!」ということらしい。
う〜んまあ、主人公の感情でもあるかもしれないが、パピルスの感情であることはまちがいなさそう。最初の2つは主人公に対して、最後のはアンダインに対して抱いている感情なのかな? 全部主人公に対してだったらとっても認めてくれているってことでうれしいですね。

こどくな ニンゲンよ… きさまは あわれだ…
 だが、あんずるな! オレさまが きさまを ひとりぼっちにはしない!
 この、いだいなるパピルスさまが、きさまの…
 ……
 ダメだ…
 やはり、こんなことは、ゆるされん!
 オレさまは、きさまのともだちには なれないのだッ!
 きさまは ニンゲン!
 オレさまが、つかまえなければならんッ!
 きさまをつかまえれば、オレさまの ながねんのゆめが かなうッ!
 つよくて! にんきもので! ゆうめいじん!
 それが、この パピルスさま!
 じきに…
 ロイヤル・ガードの いちいんになるおとこだッ!
f:id:chapter_final:20210101135127j:plain
パピルスに ゆくてを ふさがれた!

パピルスにはサンズという弟思いの兄がいて、彼なりの気遣いは直接的なものではなかったかもしれないけど、パピルスはその優しさをわかっていると思っていたのですが、それでもこんなに孤独を感じていたのでしょうか。
パピルス自身相当やさしいヤツなので、無事友達になれると良いんだけどな。

 

つづき
UNDERTALE プレイ日記15 「あおこうげき」 - さいごのぼうけん