さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

UNDERTALE プレイ日記11 「ヤバカッケラシイ」

これまでのぼうけん:
ハハハハハハャニ!
レッサードッグ、イヌカップルをなでて先に進む主人公。
パズルをいっしょに解き、パピルスは主人公をパズル好きとして認めてくれたようです。
喜ぶパピルスをみて、サンズも安心した様子。

f:id:chapter_final:20201226032100j:plain
きた!
 さっきのニンゲンだッ!
 きさまは、ぜったいにこのパズルをきにいるはずだ!
かの有名なアルフィー博士が発明したパズルで、この灰色のタイルはスイッチを入れると色が変わるそうです。タイルは色によって違った効果を発揮するといいます。まとめると、
赤    … 通行禁止。
黄色   … 電撃ショック。感電する。
緑    … 警報装置。モンスターと戦闘になる。
オレンジ … オレンジのかおり。からだがおいしそうなニオイになる。
青    … 水。泳いで通れるが、オレンジのニオイになっているとピラニアに噛みつかれる。青が黄色の隣だと青いタイルを踏んだ時も感電する。
紫    … せっけんですべる。隣のタイルに強制的に移動。せっけんはレモンのかおりで、ピラニアはこのかおりが「だいッキライッ!」(= 紫と青の組み合わせはセーフ)。
ピンク  … 何も起こらない。

複雑!!
説明を理解できたか聞かれるので「わからん」を選んでみる。
するとパピルスがもう一度説明してくれるが、緑と青の説明が逆だったり、ないはずの色の説明が出てきそうになったり、なぜ黄色がレモンじゃないのか考え出したりさらに複雑になる。
また理解できたか聞かれる。「よけいわからん」にしてみた。
パピルスはあきらめて、説明書を置いておくから自分で読んでルールがわかったらスイッチを入れて自分のペースでがんばって、と言って去っていってしまう。
f:id:chapter_final:20201226033411j:plain
灰色のままのタイルを進む。
f:id:chapter_final:20201226033505j:plainサンズは、さっきのスパゲティはパピルスにしては上出来だと教えてくれる。料理を習い始めてだいぶうまくなったそうだ。にしても「来年には食べられるもん作れるようになる」って…今はまだ食べられないくらいってこと…?
パズルの説明書は、ミミズのはったような字で何が書いてあるのかわからない。
以前主人公はパピルスの書き置きを読んでいるので、これはパピルスが書いたわけじゃないのかな。発明したアルフィー博士の文字かも。
f:id:chapter_final:20201226033813j:plain
スイッチを入れようとするが、作動していないようである。

次のマップではイヌが彫刻を作っている。これはたしかレッサードッグだ…。
f:id:chapter_final:20201226033909j:plain
上の小屋の看板。
* イヌに ちゅうもく
 * ナデナデしてくだちい
くだちい。
小屋の床には「イヌじるしレーズン」の箱があるようだ。
ここのセーブポイントは「いぬごや」。

次のマップにも×を◯にしてスイッチを押すパズルがあり、解くと先へつながる道ができる。
f:id:chapter_final:20201226034203j:plain
雪のある場所でおなじみのツルツルすべる床だ。
下に落ちると、パピルスとサンズの雪像があるエリアにつながっている。
f:id:chapter_final:20201226034317j:plain
本人たちが作ったんだろうか。性格が出ている。
パピルスがムキムキだ。

f:id:chapter_final:20201226034355j:plain
f:id:chapter_final:20201226034410j:plain
パズルの先の道をすべって通ると、木の陰に隠れている間に主人公の頭にいろんなかたちの雪が乗っている…んだけど、写真を撮るのが下手だった…。
鳥以外にも家の形だったり雪玉だったりといくつかパターンがある。

下にいくとサンズがいる…んだけど、さらに歩くとまたサンズがいる。
f:id:chapter_final:20201227155839j:plain
f:id:chapter_final:20201227155852j:plain
双子…?
ひょっとして… オイラのこと つけてるか?」と言われるけど、主人公がつけられているのでは…?
うしろの壁から目玉のような光が浮かび上がったり消えたりするのも少し不思議だ。
このエリアでギフトロットというモンスターとエンカウントする。
f:id:chapter_final:20201227160027j:plain
クリスマス感がある。かざりをはずしていくとにがすことができた。
このあと倒されてこの場所をもう一度通ったときもエンカウントしたので、ここで必ず出会うモンスターなのかな?

左右にいるサンズ(おかしな表現だな)に話しかけると、内容が変わっていた。
右「* アンタ からだ うごかすの すきなんだな
左「* みちに まよったのか?
主人公が移動するにつれてサンズも移動しているってことなら、サンズも相当「からだうごかすのすき」だよね…。迷子なのかと聞かれると、自分が道を間違えていて同じ場所に出ているということなのか不安になる。

道の先には洞穴があった。
f:id:chapter_final:20201227162619j:plain
家が見える。見えづらいけど、家から人影が出て来たところの写真。
f:id:chapter_final:20201227163333j:plain
洞穴の中にはとびらがあった。開くことはできなかった。
これもまた遺跡にあった模様と同じ。トリエルさんの服の柄ですね。
生えているキノコは、触るとあかりが消え再度触るとあかりがつく。
* グライドが まいおりた!
f:id:chapter_final:20201227163711j:plain
最初に見た公式のPVにいたモンスターだ。
避けるのが難しくてめちゃめちゃダメージを食らった。
回復アイテムのナイスクリーム、「ぼうにはほっこりするひとことがかいてある」という説明の通り、使うと温かいメッセージが表示される。「きょうも きまってるゥ!」「(ハグのイラストが かいてある)」など。
f:id:chapter_final:20201227164208j:plain
グライドはどうやらナルシストっぽかった。
あきらめては ダメだ!
 フォル! ケツイ
 ちからに かえるんだ…
普通に倒されてセーブポイントまで巻き戻ったので、グライドと戦ったことはなかったことになった。耐えられる気がしないので残念だけどもう会いたくない。

先へ進むとたくさんの雪の塊があった。ゆきモフというらしい。
f:id:chapter_final:20201227164742j:plain
すべてゆきモフだけど、調べるオブジェクトごとに説明文が変わる。
最後の1つのみ中から30Gが出てきた。
道にもゆきモフがあり、中からイヌが出てきた。
f:id:chapter_final:20201227164912j:plain
ワンと鳴いてかわいい。と思いきや…
f:id:chapter_final:20201227165017j:plain
どうやって埋まってたの?
* グレータードッグだ。
f:id:chapter_final:20201227165113j:plain
かわい…い…?
これまた普通に倒された。HPが20のままだとキツイ。それに装備を変えてDEFを上げた方がいいかもしれないですね。
しっかりしろ!
 フォル! ケツイ
 ちからに かえるんだ…
一言目のバリエーションは意外とたくさんあるんだろうか?

f:id:chapter_final:20201227165412j:plain
再チャレンジ。
なでたりあそんだりしてにがすことができた。
f:id:chapter_final:20201227165436j:plain
イヌが本体で、鎧を着ていたんだね…。なおさらどうして埋まっていたのか気になるところだけど…。
f:id:chapter_final:20201227165536j:plain
イヌは鎧に乗り込み去っていった。それでいいのか。

 

つづき
UNDERTALE プレイ日記12 「WELCOME TO SNOWFUL」 - さいごのぼうけん