さいごのぼうけん

遊んだゲームを紹介します。ネタバレ注意です。

ポケモンシールド プレイメモ3 「まもりがみ」

これまでのぼうけん:
6つ目のジムまで。

プロジェクトポッチャマが発表されましたね。この記事の公開後に知ったのですが、思わず後から書き足しちゃいました。
3月9日3時に発表っていうのは図鑑ナンバーなのかな、と思って調べたら本当に393でした。
ポッチャマ、かわいいので応援したいな。ペンギンだし。

さて、いったんカンムリ雪原へ。

そのまえに、ブラッシータウンの駅でガラルヤドンのイベント。
f:id:chapter_final:20210219150457j:plain
セイボリーさん初遭遇。
DLCはソードだけ買っていて、今回ダイマックスアドベンチャーを通信してやりたくてシールドの方も始めたので、そりゃ初めてだ。
ソードのクララちゃんも大好きですが、セイボリーさんもなかなか面白そうなキャラクターですね。帽子のモンスターボールに目を奪われてしまう。

f:id:chapter_final:20210219150809j:plain

ガラルの ヤドンとは 初めての 出逢い ですか?
 生まれは 違えど ヤドンの のんびりさは 変わりませんよね

捕まえたヤドンはおだやかな性格だった。ヤドンらしい。
ヤドキング向きかな。イベント入手のポケモンは育てたい気もするけど道具を使うのは…ぐぬぬ…。と思ったけどガラルヤドキングだからガラナツリースでいいのか。
おうじゃのしるし自体もウッウロボで量産できるんですね。簡単そうなのだと「りゅうのキバ + ねがいのかたまり×3」。これなら全部ダイマックスアメから錬成できるので、余りまくっているダイマックスアメの活用にも良さそう。

脱線したけどカンムリ雪原へ。
f:id:chapter_final:20210219152334j:plain

着いて早々ピオニーさんとバトル。
f:id:chapter_final:20210219152513j:plain
f:id:chapter_final:20210219152525j:plain
f:id:chapter_final:20210219152535j:plain
10〜20くらいレベルが離れていたけど勝てた…。物理受けヤミラミ大活躍。
f:id:chapter_final:20210219152655j:plain
1匹も倒されなかったのが嬉しすぎて撮った写真。
向こう2匹でこちらが6匹(使ったのは4匹)なので勝てるのは当たり前かもしれないとしても、倒されなくてみんなえらい。ヤミラミミカルゲも物理受けで、正攻法で勝てないときにめちゃめちゃ強いと悟った。

f:id:chapter_final:20210219153006j:plain
ピオニーさんはド・親馬鹿って感じ。
ローズさんも♀のダイオウドウを使っていてピオニーさんも使っているのでやっぱりこのふたりは何か関係があるんだろうか。兄弟でしょうかね。
性別の偏りがあるわけじゃないのに、トレーナーと異なる性別のポケモンを使ってくるのってなんだかめずらしいよね。
f:id:chapter_final:20210219153235j:plain

f:id:chapter_final:20210219153302j:plain
ダイマックスアドベンチャー、初回を通信で遊ぶとスイクン固定じゃなくなるんだね。
ラティアスの巣穴が欲しくてシールドのDLCを買ったようなものなので、1回目で出てくれて運が良い。
ソードの方でラティオスが出て、しかも色ちがいを捕まえられたからラティアスも揃えたかったのです。
f:id:chapter_final:20210219154857j:plain

ラティアスの巣穴にソードと通信しながら潜っていたら、割とすぐに色ちがいが出た。
f:id:chapter_final:20210219154905j:plain
ソードの方で兄妹そろったので嬉しい。

 

f:id:chapter_final:20210219154200j:plain
シャクヤちゃんにも会った。

f:id:chapter_final:20210219154251j:plain
父親と同じウィンク。


ガラル本土に戻った。 
ガラル図鑑を完成させ、表彰してもらった。
とはいってもソードから送ったのが大半。
f:id:chapter_final:20210219155726j:plain
ひかるおまもりももらった。
ダイマックスアドベンチャーへの期待が高まる。

f:id:chapter_final:20210219163438j:plain
スパイクタウンジム。
悪タイプなのできつかった。ミミッキュ様様。ネズさんはスカタンクや物理殺しのタチフサグマも使ってくるので一筋縄ではいかない。
f:id:chapter_final:20210219163625j:plain

 

つづき