さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

ポケモンバイオレット #6


パピモッチ、オラチフ、ボチ…パルデア地方って犬モチーフのポケモン多くないですか?

レジェンドルートのラストのネタバレがあります。


ラスタルしたミミッキュがいたのでバトルしました!


おにびだ!
バウッツェルの特性は「こんがりボディ」でほのお技を吸収するのもなんだかよかったです。


かわいい…。昔はピカチュウの真似をしていなくて、そのためにポケモンではなくおばけだと思われていたのかもしれませんね…。


ミミッキュは現時点のパーティの誰よりもレベルが高いです。ジムバッジをひとつも持っていないので、たぶん言うことをきいてくれないと思いますが怖いので試していません。
言うことを聞いてくれるかどうかは捕まえた時点でのレベルによるみたいです。今パーティにいるポケモンはレベルが低いころから育ててきたのでどんなレベルになっても大丈夫ですが、そのへんで捕まえたポケモンはパーティのポケモンより全然レベルが低くても言うことを聞いてくれないままです…。

テラレイドバトルも星1と星2のしか出ないので、たぶんジムバッジの数基準で高ランクのものが出てくるのかな〜と考えつつ、レジェンドルートとスターダスト★ストリートを突き進んでいました。笑
だってお話気になるんだもん!


こんな感じで進んできました。



すっかり忘れていましたがお誕生日を祝ってもらいました。
こういうので自分の誕生日を設定することはないので、なんとなくそれっぽい日にしています。
ミモザおめでとう〜! パルデア地方のことも、ここに住むポケモンたちや人々のことも、想像していたよりずっと大好きになってきていてうれしいです。


関係ないですがこのポケセンにいる間ずっとコレクレーの声が聞こえていて、屋根の上にいるのを見つけました。




レジェンドルートの果て、ペパーとのバトルです!



ペパーはまじでパルデア最強クラスだと思うんですが、どうしてバトルは苦手だって思っているのか気になります…。ヌシ戦のときも相性のいいポケモンを捕まえて育ててきてくれてきっちりサポートしてくれているし、今もスパイスめぐりで出会ったポケモンたちを育て上げて立ちはだかっていいるし。
単にそれほど興味がないのかな〜。バトルにそこまで執着していなさそうな割にめちゃくちゃ強いなっていう印象です。
マフィティフはバトル大好きだそうです。かわいいし強いので勘弁してください。

最初に聴いたときから思っているけどペパーのBGMめっちゃいいなあ。すっごくお洒落。
料理しているっぽいかわいい音が入っていて、でも全体的に情熱的でかっこいい感じ。パルデアらしくもあって最高です。


クリアチャームは初期の方にどこかのポケセンでもらえて以来適当に持たせています。あまり意識していませんがとても役立ちます…!

こちらが4体で戦っているというのもありますが、めちゃくちゃ互角で楽しいバトルでした。マフィティフが出てきた時点で、4体ともHPが半分以下でした。
よく見るとパーモット以外は相手のレベルに足りてなかったな。さすがペパー先輩です。








わたしたちそこそこレイドバトルをやってきたと思うんですけど、このテラスタルは見たことなくて、一瞬何タイプかなって考えちゃいました。
あくタイプのテラスタル、このマフィティフのためにあるようなデザインだな〜! かっこいい。ここで初めて見られてよかった! マフィティフ、にやっと笑うのが歴戦感あってかっこいいです。

パーモットはマフィティフを一撃で落とせなくて、返しのじゃれつくで倒されました。強い…。



バウッツェルを出しましたが、上をとられたしじゃれつくを耐えられて倒されました…。でもバウッツェルもHP54の状態から相手のじゃれつくを一度耐えたのでえらいと思う。ふがいないトレーナーで申し訳ない。



気が進まないけれど他のポケモンを出している間にパーモットを回復してもう一度出しました。記念にテラスタルもします。



こんなに追い詰められて勝ったのは初めてでした。いいバトルでした…!



エリアゼロという最終目標に向けて、こうして他のお話にもいざなわれるんですね!
こうやって考えてみると、レジェンドルートがいちばんスカーレット・バイオレットのストーリーの軸な気がするなあと思いましたが、そもそも「レジェンド」ルートなので伝説のポケモンがらみの話になるべくして始まったストーリー…だったんですね。
秘伝スパイス探しというテーマを最初聞いたときからは考えられないくらい、楽しくて手に汗握るおもしろいルートでした…!


余韻に浸っていたらパモパモパモッチが寝ちゃいました。
バトル後ポケモンたちは全回復していました。ペパー先輩が回復してくれたのかな?

 

次回

前回