さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

マグナ、星空を眺める (Stardew Valley #4)


マガちゃん初登場です。1年目秋その2。

マグナとスターデューバレーまつり!


秋のイベント、スターデューバレーまつりです! 観光客がたくさん!
町内品評会が開かれ、マグナも出品しました。上段真ん中のジャムは、鉱山で拾ったクリスタルフルーツから作ったジャムです。高く売れるやつ! 奮発しました!!(?)
テレビでいろんな種類のものを出すと良いと言われていたので、質の良いものを選びつつ、バリエーション豊富な感じになるようにしました。

いろんなお店が出ていて楽しいです。
占い師さんに未来を占ってもらったら、ディメトリウスとシェーンが占いの中に出てきて、さらに主人公が闇の存在と戦っている様子が見えたと教えてもらいました。友好度がいちばん高いふたりが出てくるのかな? 鉱山にこもってモンスターと戦ってばかりいるので、闇の存在と戦う未来というのはありえそうな話…。
この占い師は魔術師の良き友なのだそうです。っていつもテレビで見ている占いの人なのか! ウェルウィックさん!



このおまつりで使えるスタートークンというお金みたいなものがあって、出店のミニゲームで稼ぎました。的当てか釣りが主な収入源となりそうで、的当てが楽しかったのでほぼそちらで稼ぎ、たまに釣りを挟んでいました。釣りは苦手ですが、意外と釣れて楽しかったです。


ルーレットでどちらの色が出るかにスタートークンを賭けて、当たれば増やすことができます。

スターデューバレーまつりで買うことができる商品の中で、レアなカカシというのがかわいくてほしかったのでがんばっていました。値段は800スタートークン。それから目玉商品っぽいスタードロップというのも気になっていましたが、2000スタートークンなので手が届かないかなあどうかなあ。

などと考えつつ、稼いだスタートークンを賭けてルーレットで大儲けしようとしていたのですが…1000スタートークンくらい貯まったあたりで全部スりました


常日頃からお金が足りなく、ミニゲームに支払うお金も惜しかったんですけど…レアなカカシはやっぱり欲しいな…と思って的当てや釣りでコツコツ貯めなおしました。相変わらずルーレットも使ったけど、賭けるのは少額だけで外れても痛手が少なくなるようにしました…。

関係あるかわからないけど、ルーレットですべてのスタートークンを失った直後マグナの動きが鈍くなって、いつもどおり操作してもとぼとぼ歩いている感じで申し訳なかったです…。エナジーが少なくなったときみたいな感じだったけど、あれはなんだったんだろう…。ごめんね…。


品評会では1位をとれました! うれしい!!
展示したものって持ち帰れるんですね。完全におまつりで消費されるものだと思っていました。高く売れるクリスタルフルーツジャムなども置いていたから、持ち帰れるのはなんだかオトクな気分。自分が勘違いしていただけですが。


品評会の賞品がなんとスタートークン1000個だったので、レアなカカシ用に貯めていた分とあわせて、スタードロップと交換することができました…!




マガちゃん!!!
ルーレット然り、このイベントおもしろすぎる…。
マガちゃんがここで出てくるなんてびっくりで、写真5枚くらい撮りました。ゲーム開始時に設定した「お気に入りもの」ですね。

やっぱりレアなカカシもあきらめきれなかったので、さらにスタートークンを稼いで交換してもらい、余った分でひまわりのドライフラワーももらいました。部屋に飾ろ〜。


レアなカカシ! 持っているリンゴは洞窟のフルーツコウモリから頂戴したものです。かわいい。リンゴ好きだ〜。

牧場の左下から3分の2くらいが牧草で覆われているという現状に気づいて、サイロを新しく2つ建てました。テレビも冬に備えてほし草を蓄えておこうと言っていたし、ちょうどいいかな。ほぼ間違いなく余りそうですけど。


レアなカカシはシンダーサップの森にやってくる行商人も売っていました。これもかわいいからいつか欲しいな〜。買えるほどお金に余裕がないのが悲しい…。

マグナ、マルと星空を眺める


ある日の鉱山からの帰り道で、マルとのイベントが始まりました。
これがもう本当に好きで好きで好きで…。



自分がよく考えることと同じことをマルが言っていて、なんだかとても不思議な気持ち。
どの瞬間を切り取っても好きなイベントです。最後の主人公の感想も好きでした…。


鉱山で冒険して夜遅くにこの道を通ることが多いので、この後もマルとマグナはしばしば一緒に望遠鏡で天体を眺めているのかもしれませんね。

マグナとマシュマロ


だーいすきってかわいい!! うれしいな〜!


ちょうどこの日にピエールさんから手紙が来て、お店で花束を買えるようになりました。
牧場で育てている花から花束を作れないのかなって思ったけど、そういうものではないらしい。

マグナ、花束を渡す

花束を買えるようになったのは住民との友好度が深まったからで、特にシェーンとの友好度が8になったからなのかな、と思いました。
花束を渡すとどうなるのか気になったので渡してみることに…。


こういう感じなのか。
こんなにあっさり承諾してもらえるならもっと雰囲気のいいところで渡せばよかったかも…と思いましたが、ここもまあ悪くないかな。
街灯の光がふたりを照らしているのがいい感じ。鉱山からの帰りで夜遅くになってしまっただけですが、みんながいる酒場よりもかえってここで渡せてよかったかも。


住民一覧で花束のアイコンがついて、「彼氏」に変わりました。ハートの上限が増えていますね…。
今のところ特に進展はないような気がします…。

マグナ、秘密の森へ


オノを鋼のオノまでアップグレードしたら丸太を切れるようになって、新しく行ける場所が増えました。シンダーサップの森の奥、秘密の森です。
不思議な雰囲気でいい感じだ…。


それから、帽子屋をようやく見つけました。いつだったかお手紙をもらっていました。
いくつか帽子を買いましたよー! かわいい! 金とアメジストってこれめっちゃいいな…!
衝動的にいろいろ買うから常にお金が足りないんですよね。たぶん牧畜の施設に先にお金をかけた方が安定したお金稼ぎの手段ができて良いんでしょうけど、そういった計画性がまるでない。でもめちゃくちゃ楽しいです。


かつて行商人から買い、秋になったので植えていた珍しいタネが実ってスイートジェムベリーが手に入りました。高く売れるのかな?

マグナ、セバスチャンの一面を垣間見る


セバスチャンはSFやファンタジーが好きなようで、話が弾みました。

左上にマルがいて、ちょうどセバスチャンの話をしていたところでした。セバスチャンは刺身が好きなんだって。そういえば刺身のレシピをライナスから教わっていたんでした。家にキッチンができて、料理できるようになったら作ろう。


セバスチャンはフリーランスプログラマーで、プログラムを書いてお金を稼いでいるのだそうです。
でも周囲はそれを理解してくれず、マルが診療所で仕事しているときは誰もジャマしないのに…と不満がある様子。

マルもメカニックっぽいし、本当なら話が合いそうなふたりなんですけどね。ここの家族関係は難しい。マルはセバスチャンと仲良くしたいというようなことをこぼしていたけど、セバスチャンはどうなのかな…。
実子であるマルはディメトリウスから愛されていますが、セバスチャンはそうではないから複雑ですよね。保護者としてのディメトリウスの態度には問題があると思うんだが…。

マグナ、プリズムゼリーを入手する


特別注文で、希少なプリズムスライムを見つけてプリズムゼリーを持ってきてほしいと魔術師から頼まれていました。
プリズムスライムはまったく見かけなくてドキドキでしたがなんとか間に合いました…!

これ、レアアイテムかもしれなかったけど渡しちゃってよかったかな。まあ、魔術師好きだから良いか。


鉱山を進む中で見つけたいろいろなものを博物館に寄贈して、もらえた報酬は家に飾っています。
絵をもう一枚もらえたので飾りたいんだけど、飾れる壁がない…。家のアップグレードをした方がいいのかな…? お金が…ない…。

青いクマさんがかわいくてお気に入り。ビッグおふとんベアという名前もかわいいです。


戦闘レベルが上がって、スライムエッグプレスを作れるようになりました。スライムのタマゴ! 科学の力ってすごい! いつか作りたいな。
ロビンさんのところで建ててもらえるスライムハッチもずっと気になっています…。


ケルトンがたくさん!
特別注文で骨の破片が必要で、またまたたくさん狩っていました…。ストックはたくさんあるからそこから渡させてほしいけど、期間中に新しく集めないといけないんだよね…。



光の指輪というものを拾いました!
暗い夜道も明るく照らせてすごい! めちゃくちゃありがたいな!

マグナ、ドワーフ語を学ぶ


ツルハシをアップグレードしたので鉱山の岩を壊すことができて、奥にいたドワーフに会うことができました。しかし言葉がわからず、鉱山内でたまに見つかるドワーフの巻物が必要なのかな〜と思っていたところ、ちょうど直後に未発見だった最後の巻物を拾えたようで、博物館に寄贈したらドワーフ語翻訳ガイドをもらえました。すっごくラッキーでした。

ドワーフとの間にも友好度があるみたいです。

マグナ、キノコの木を見つける


秋も終わりだし、牧場の全景を撮っておこうと思ったら左下に見慣れぬキノコを見つけました。


キノコの木だ…。とりあえず樹液採取器を設置。
そうそう、樹液採取器で採れるものって木を切り倒したときに手に入る樹液とは別物なんですね。ずっと知らなくて、いらないや〜って思ってました。もっと早くからたくさん作って設置しておいてもよかったな〜。

一時期は牧草がすごいことになっていましたが、サイロを増設したのでなんとかなりました。ニワトリのみなさんのために少し残していますが、あと数日で冬になるからその前に全部刈り取ろう。


翌日キノコが採れました! すごい!

マグナ、闇の亡霊と遭遇する?


めちゃくちゃ素敵なお手紙が来た。秋最後のイベント、スピリットイブです。これもまた超楽しそうだな。



カボチャのランタンがかわいい。そしてこんばんはスケルトン…パピルス…。



スピリットイブのメインは真っ暗闇の中の迷路でした。が、前日に鉱山で光の指輪を拾っていたので、マグナの周りは明るく照らされ、難なく進むことができました…。ドワーフの巻物といい、タイミング良すぎ…。
迷路の途中にあるテレビはほとんどずっと砂嵐でしたが、たまに謎の映像が映し出されていました…。砂嵐のテレビをじっと見つめているマグナ自身も、はたから見たらホラーだったろうな…。




ゴール! ゴールデンパンプキンを受け取りました。…ダジャレ?
ゴールのところ、闇の中から瞳が浮かんでは消え浮かんでは消え恐ろしかったです。


牧場に帰って、ジャックオーランタンを飾りました。レシピも買ったので、作ることもできるのうれしい。


こうして、長く楽しかった秋が終わりました。
スキルはこんな感じ。これ、どう遊んでいるかが本当によくわかりますね。釣りはほぼやっていないにしては上がっている…かな…。

これまでに稼いだ利益は66,000Gくらい。夏が終わった時点では30,000Gだったようなので(ブログ見返しました)、成長している…と思います。ニワトリのみなさんや特別注文のおかげかな。

仲良しなのはシェーン(♡9)、マル・ディメトリウス(♡7)、エリオット・ピエール・エミリー・ライナス(♡5)…という感じです。鉱山に夢中ですが、住民との関係も深めていきたいところ。

冬は農業ができないってテレビでも言っていたしやっぱり牧畜に力を入れるべきか…と思いつつ、馬小屋を建てたくてしばしば大工作業所をチラ見してしまいます…。お金との相談…。
馬はニワトリたちと違って直接利益を生み出しはしないだろうけど…でも馬に乗ってみたいよね…?
…そういえば家のアップグレードが必要かも? ただ、今のところ特に困っていないんですよね〜たとえ料理ができなくても


ジャックオーランタンの残骸。「くさった植物」になっていました…。室内用の飾りだったのかな? 悲しい…。

(番外) マガちゃんのご紹介


「お気に入りもの」のマガちゃんはマガイマガドのことです。
主人公の名前マグナも、マガイマガドの英語名からもらって名付けています…。

写真は以前書いた以下のブログからの引用です。かわいいです。
マガイマガドの尻尾クッションをゲットした (クレーンゲーム) - さいごのぼうけん
肉球もついてるんですよ〜! 全部がかわいい。

自分が持っているぬいぐるみのマガイマガドのことも、ライズで遊んでもらっているマガイマガド本人(?)のこともマガちゃんと呼んでいて、「お気に入りもの」で思い浮かべたのはその両方です。


かっこいい〜。

ぬいぐるみのマガちゃんは、「マガはマガ!」「マガかわいいマガ」「ふわふわマガ〜」などとお話ししてくれてとってもかわいいです。これは幻想です。

 

次回

前回