さいごのぼうけん

遊んだゲームを紹介します。ネタバレ注意です。

オクトパストラベラー 大陸の覇者 プレイ日記9 「ファミリー」

これまでのぼうけん:
マイルズくんがパーティに加入しました。 

トラベラーストーリーもだいたい見たので、「富を極めし者 第1章」を始めていきたいと思います。

クレスの話はもう少し強くなってからチャレンジしようかな。楽しみにとっておきたい気持ちとネタバレを踏みたくない気持ち、どちらもあって難しいですね。

 

せっかくなのでBDコラボの話を少し。
コラボでブレイブリーデフォルト2の世界からやってきたエルヴィス。彼の靴を見てください。
f:id:chapter_final:20210508190954p:plain
靴の白い部分、わたしは光が反射しているだけだと思ったんですけど、恋人がこれは靴自体が白いのだと主張してきて、ドット絵にも白い部分があると言ってきて、納得できなかったのでブレイブリーデフォルト2で確かめてみることにしました。
f:id:chapter_final:20210508191016j:plain
(これBD2遊んだ方が見たらピンポイントで進行度がわかるスクショですね)
…白い部分がある……。
でも別にここまでして調べなくても、
f:id:chapter_final:20210508191028p:plain
全体絵を見たらわかる話だったという…。この絵はトラベラーストーリー開始のときやエルヴィス加入時にも見ていたはずなんだけどな(エルヴィスは彼のトラベラーストーリー序章をクリアすることで全員手に入る)。
…気を取り直して、「富を極めし者 第1章」です。

 

"富"-----与える力
渇きを潤す豊かな水

濁流となれば
人を欲望の波に溺れさせてしまう

 

富を極めし者 第1章 強欲の魔女
f:id:chapter_final:20210508193559p:plain
大陸一の大富豪、
"強欲の魔女"ヘルミニア。

巨万の富を独占した魔女に
買えぬものは、この世にはない---

 

f:id:chapter_final:20210508191051p:plain
フロストランド地方のエンバーグロウからウッドランド地方へ。少し雪が舞っている。
途中で「アーギュストの別邸前」への分岐道を見つけた。いずれ来ることになるんだろう。

舞台となるヴァローレは「古き時代から血と掟を重視する誇り高きマフィアが支配してきた町」だそうで、それを"富"の力で乗っ取ったのがヘルミニアのようです。


マフィアたちが決起しているところに出くわす主人公。めちゃくちゃタイミングがいい。
そこへ花を売る少女がやってきます。
f:id:chapter_final:20210508191139p:plain
マフィア4人組のリーダー格である黒髪の男バルジェロはそれを"粉"だと看破し、関わると身を滅ぼすと少女に忠告します。"粉"っていうのはつまりそういう…?
f:id:chapter_final:20210508191210p:plain
そこへ"粉"売りの元締めのような黒服たちがやってきて、商売の邪魔をするなとバトルに。
ここでバルジェロにケンカを買うかと聞かれて「はい」を選んだら「あんた、いいヤツだな」と言ってもらえた。
"粉"の大元はヘルミニアなのでしょうから、この黒服たちはその配下ってことでしょうね。彼らもマフィアなのかな。マフィアたちにもいろんな派閥があるんでしょうか。というかこの町のマフィアはみんな黒い服を着ているってことか?

バトル自体は難なく勝利。シュワルツさん同様、一緒に戦っているんだろうけど別にバトル中支援してくれるわけでもないマフィア4人組であった。
バルジェロ一派のひとり、ティツィアーノ(手前の長い金髪の男)が黒服の連中から「招待状」を掠めておいたことを明かします。冒頭でも彼らはヘルミニアのパーティに忍び込むことを考えていたようだったので、ちょうどよかったんでしょうな。

バルジェロは主人公に、自分たちがここらで生まれ育った新顔のマフィアであること、デカくなって昔のマシだった町を取り戻したと考えていることを明かします。そして強くていいヤツである主人公に対して、仲間にならないかと勧誘してきます。選択肢が出たので「はい」を選択。バルジェロの他の仲間たちも歓迎してくれます。
f:id:chapter_final:20210508200650p:plain
f:id:chapter_final:20210508200804p:plain
ヘルミニアの屋敷前に集合だ、という話の後「カッティーナ」という合言葉? で締めるバルジェロたち。乾杯の音頭か? と一瞬思ったけどきっと違いますね。この物語、どことなくイタリアっぽい感じなのでこれもたぶんイタリア語なのでしょう。後で調べておこう。

f:id:chapter_final:20210508191237p:plain
ところ変わってパーティの様子。参加者たちがヘルミニアの噂話をしています。
大富豪ヘルミニアは金のためなら赤子も喜んで殺し、森の部族も滅したそうです。

その女は 大陸一の大富豪 "強欲の魔女"ヘルミニア
抗う者を容赦なく排し 巨万の富を独占した彼女は 人々に畏怖され、こう云われた
"あの魔女は人の魂すら買ってしまう"と---

f:id:chapter_final:20210508191306p:plain
道中は旅団だけで移動し、屋敷前でバルジェロ一派と合流。
バルジェロ曰く、大富豪ヘルミニアはマフィアの女から成り上がったそうです。ある"粉"を支配、独占して。ピエロ・デッラ(フードの男)はヘルミニアは娼婦だと言っています。
バルジェロたちはこのパーティで後ろ盾となる裏社会の権力者を獲得したいようです。

 

つづき