さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

プレイ日記#38 無我夢中 (オクトパストラベラー 大陸の覇者)

これまでのぼうけん:
ファビオとクレスの好感度がぐんぐん上がる。

ファビオのトラベラーストーリー、2章です。

 

2章 後援者のために

後援者が決まり、喜ぶファビオ。
一見順調に見える彼に、暗い影が差しかかろうとしていた。

f:id:chapter_final:20210708204708p:plain
町で一緒にいるファビオとクレス。仲が良さそうだ。

そこへマージョリーがやってきて、父が後援者になるという話がなかったことになりそうだと謝ります。
リプルタイド海道に凶悪な魔物が出て、仕入れができず商売の見通しが立たないのだそうです。

落ち込み謝るマージョリーに、「また後援者を探せばいい」と言うファビオが良かった。
後援者を探すのに苦労していたのでそんな簡単なはずないんだけど、マージョリーのためにさらっと気にしないように言えるのが優しい。 

f:id:chapter_final:20210805185554p:plain
ふたりの様子を見ていたクレスが、魔物を倒すことを提案します。
驚くものの、クレスが協力してくれれば魔物を倒すこともできると言うファビオ。信頼関係ができているんだなあ。

危険なことはおやめになってと心配するマージョリーと、マージョリーマージョリーの父のために退治してみせると言ったファビオのやりとりもよかった。

f:id:chapter_final:20210708204754p:plain
f:id:chapter_final:20210708204822p:plain



f:id:chapter_final:20210708204920p:plain
海道にいたのは海の大バーディアンでした。
バーディアンっていうのは、バード + ガーディアン ってことなのかな。

f:id:chapter_final:20210805185631p:plain
f:id:chapter_final:20210708205034p:plain
魔物を倒し、ファビオは喜びます。

f:id:chapter_final:20210708205101p:plain
マージョリーのお父上に報告に行くと、「さすが"アンダンテ" 噂以上に腕が立つようだ」と言ってもらえました。旅団、有名になりつつあるんだなー!

商売が再開でき、後援者の約束も果たせそうだとお父上はお礼を言ってくれます。
「あなた方には助けられてばかりだ」と言われ、「いえいえ、ファンのためですから」とファビオ。ブレなくて良いな〜。
踊子としてファンを獲得するために、人に気に入られるような言動が身についているのかもとも思うけど、ファビオはそんなに打算的な感じもしなくてあくまでナチュラルにいいヤツなのが素敵だ。

やっぱり、クレスにも感謝してくれるファビオ。
f:id:chapter_final:20210805185747p:plain


次の章が画像多めなので、短いけど今回はここまで。 

 

つづき