さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

番外編#26 グロッサムと舞闘家のリストバンド (オクトパストラベラー 大陸の覇者)

f:id:chapter_final:20210803174846p:plain
ヴァルカンに続き、グロッサムも周回終了です!
ティキレンをやろうかなと思っていたのですが、グロッサムに対して有利なトラベラーがそろっていたので先に終わらせちゃうことにしました。
プリムロゼが来てくれてとっても楽になりました。初優勝のときと比較すると結構メンバーが変わっていて、いろんな旅人の魅力がわかってきてうれしいです。

グロッサムのトラストも良かったです。キャラクターも良いなと思ったし、声も好き。
破壊の乱舞のとき「麗しく!」でポーズ決めるのいいなー。

Lv.98のALL+5パネルはとったので、あとはぼちぼち育てていく感じ。
必要そうだったらベリーとナッツで上げると思います。

サポアビの「瀕死時速度強化Ⅲ」が少し不安でとれない。意図しない速度操作は怖いと思ってしまう。
アニエスの「スロウ反撃」とかステッドの「血の制裁」、ハンイットの「たまにおかわり」、レヴァンの「稀に連続詠唱」とかもとっていない。確率で発動する系は制御できないからこそおもしろいのかもだけど、ブレイクとの兼ね合いもあるし怖いな。リ・トゥの「二刀流」みたいに確定だったら良いんだけど。
「血の制裁」は「血気」と噛み合うし、「稀に連続詠唱」も楽しそうではあるからちょっと悩む。

プリムロゼの実装で配布のグロッサムは霞んでしまうのではないかと心配していたけど、二種の武人の鼓舞によってひとりで前衛全体の物攻と物防を上限まで上げられるのは彼の特権のままだったし、グロッサムは物攻に秀でているので杞憂だったなあ。
ガチャによって集金するゲームである以上どんどん旅人の性能がインフレしていくのかなと思うものですが、初期の旅人も依然として強いままで良いバランスだなあと感嘆するばかりです。

 

いよいよ名声授2章だ! 楽しみ〜!
前回は錬磨石集めるのが嫌すぎてグランポートに着いた時点で足踏みしちゃっていました。その分強化武器を作れるのが遅くなるだけだとわかっているんだけど。でも今回はがんばりたいです!

公式ツイートでライオネルが選ばれし者なの最高じゃないですか?
ライオネルはめちゃくちゃ主人公っぽいと思うんだよなー!

これってどういう基準で決められているんだろうな。
権力の2章予告PVはプロメだったのでその影響力の追加実装トラベラーなのかなと思ったけど、富2章は名声のカージェスだったのでよくわからないな…。

ライオネルは名声の剣士なので全然違和感ない…ですが、名声編となると同じ声のシュワルツがチラつく…。

闘技大会王者のPVに出ているのはその王者に対して有利なトラベラーみたいですね。
新たな旅人の予告PVはどうなんだろう…。
プロメ実装のときにクレスが出ていて、うれしかったけどなんでだろうと思ったんだよな。悪党(かな?)を燃やそうとするプロメに無言で驚くクレスはかわいかったです…。
プロメはイラストがちょっと怖くて引かなかったのですが、後から追憶の書を見たら意外とまともそう(オルステラ大陸基準)だなと思いました。
今PV見ていて思ったけど、プロメの治癒魔法の台詞ってステッドの治癒魔法と同じなのかな。プロメは持っていないからわからないけど…同じだったらおもしろいな。
というか同じアビリティは同じ台詞なのかな? あんまりわからん…。

最近だとコウレンのPVにウィンゲートが出ていましたね。
ウィンゲートはちょっとニンジャっぽいからかな…と想像してました。ポンチョみたいなの着ているのはテリオンっぽくもあるかな。