さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。無断転載はご遠慮願います。

オクトパストラベラー 大陸の覇者 プレイ日記24 「猫とひとやすみ」

これまでのぼうけん:
シュワルツさん!

名声編を一度中断して、いったん「名もなき町」の話です。

名声編のラストバトルで手も足も出なかった前回。
富か権力を先に進めるという手段もありますが、最初に選んだ名声だけは最初にやり遂げたいし、他の話を中途半端に進めちゃうと忘れちゃいそう。なので最終手段ということにしておきます。
名もなき町は日ごとに復活する素材を集めると発展していくようで、おもしろそうなのでぼちぼちやってます。

名もなき町の前回の話はこちらです。

名もなき町 再出発の家

ネフティから、町に移住したい者に
声をかけて欲しいと頼まれた旅団は
旅の途中である若者に出会う。

その若者は「しがらみのない場所」を
求めているようだった。

f:id:chapter_final:20210615165909p:plain
エンバーグロウへの道で意味ありげに立っていた人、この人が件の若者だった。最初に話しかけたとき何かのクエストなのかなと思ったけど、名もなき町の話に絡んでくるわけなんだね。
フレイムグレースでの暮らしはちょっと堅苦しいらしい。権力の話で司教がフレイムグレースから来たという話が出ていたから、敬虔な人が多い感じなのかな。 

f:id:chapter_final:20210615170431p:plain
そっか、そういう気配りも必要なんだな。さすが一流建築士
町へ戻ると移住者のことを伝えるとネフティは喜び、素材を集めるよう主人公に依頼します。荒野にはまた新たに魔物が出現していて、それを倒すと手に入る"丈夫な石材"が3つ必要とのこと。

f:id:chapter_final:20210615171110p:plain
f:id:chapter_final:20210615171131p:plain
3日かけて素材を集め、ネフティに渡すと家を建ててくれました。若者も大満足の様子。
これにてこの話は終わり。次のクエストが出現していたので受注。だんだん素材の要求数が増えていく…。

 

f:id:chapter_final:20210615171625p:plain
f:id:chapter_final:20210615171647p:plain
前回建てた出入り自由のネフティの家にはベッドがあり、休むことができると気づいた。宿屋同様にHPとSPが回復するけど無料なのでめちゃくちゃよく使うようになった。ファストトラベルですぐ飛べるし。宿代の20リーフをケチる必要はまったくないんだけどね…。
後から試してみたけど、ダンジョンにある癒やしの聖火はここで休んでも復活しないみたいだ。
それにしても眠る主人公のドットはちょっと貴重な気がする。ミィも一緒に寝てくれて優しい。
この家には宝箱もあって、中身は「気力のベルト」というアクセサリーだった。HPとSPが上がる!
ついでに再出発の若者の家の方も見てみたら、「銅のコイン×3」の入った宝箱があった。
若者本人にもフィールドコマンドを使うことができて、毎日"丈夫な石材"を手に入れることができるっぽい。荒野の魔物も出現しっぱなしなので、そちらからも手に入る。使わない素材は交換所で追憶の欠片と交換できて、追憶の欠片はいろいろなものと交換できるっぽいので貯めている。

f:id:chapter_final:20210615172739p:plain
レベル上げも兼ねながら、武器と防具の素材集めもしている。
今装備しているものよりレベルの高いものを購入しようとするとき、バンザイしているドットがかわいい。反対にレベルの低いものを買おうとすると落ち込んでいる。

f:id:chapter_final:20210615173054p:plain
気づいたらとってもレベルが上がっていたので名声に再挑戦だ!
影響力のレベルも上がっていて、ヴァローレの鍛冶屋にいるマルト=モーロに対する値切る成功確率が100%になっていた。100%まで上がるなんておトクだ。

 

つづき