さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

ポケダン救助隊DX プレイメモ9 「逃亡の旅」

これまでのぼうけん:
「わたしは あなたの……。」
主人公こそ、キュウコン伝説で語られるパートナーを見捨てた人間でありそのせいで世界に異変が起こっているのかもしれない。
その疑念を晴らすべく、主人公とパートナーはふたりきりで逃避行の旅に出ることになりました。
真実を見つけてこの町に戻ってくることを誓って。

次の日の明け方、主人公たちは準備をして旅立ちます。
危険な旅になるということで、仲間を連れていくことはできません。
f:id:chapter_final:20201225205146j:plain
町のみんなはまだ眠っている。
施設を利用することはできます。器用。
みんなが主人公たちのことを思って寝てるフリをして相手をしてくれているのかなと思ったけど、その後の反応的には本当に寝ているっぽいな。特になにも明かされず、主人公のことを本気で疑っていたっぽいので。
f:id:chapter_final:20201225205310j:plain
ペルシアン銀行。いつも通りサービスのアイテムももらえる。
f:id:chapter_final:20201225205701j:plain
f:id:chapter_final:20201225205717j:plain
f:id:chapter_final:20201225205412j:plain
f:id:chapter_final:20201225205451j:plain
f:id:chapter_final:20201225205506j:plain
f:id:chapter_final:20201225205558j:plain
f:id:chapter_final:20201225205758j:plain
これから旅立つため依頼を受けてもこなせない、と掲示板を見ることはできない。
このエリアに来ても意味がないためか、トンネルは埋まっている。

ひととおり町の様子も見たので、出発する。
自分は何者なのか、真実を見つけるまで逃げ延びることを決意する主人公。
そこへキャタピーちゃんやトランセルくん、ワタッコたち、ディグダが見送りにやってくる。
今までアンダンテが助けた彼らは、主人公のことを信じてくれているようです。
f:id:chapter_final:20201225210326j:plain
ペリッパーもやってきて、激励の手紙をポストに入れてくれた。
アバヨ! しばらくサヨナラだ。
 でも また手紙を運べる その日が来るまで……
 オレは いつまでも待ってるぜ。
 - さすらいの郵便屋さん ペリッパーより -
救助隊ほどペリッパーが輝いている作品はないんじゃないかな。
手紙といえば、超ダンでは主人公とパートナーが調査団に入るべく今まで暮らしていたおだやか村を旅立つとき、村のみんなが手紙をくれるイベントがあるんですよね。それまで調査団をめざすことに反対していた大人たちも、実は認めて応援してくれていたってことがわかって、BGMの良さもあいまってめちゃめちゃ好きなシーンです。

自分を信じてくれるポケモンたちに見送られて、ふたりは出発します。
ボクたち ぜったい もどってくるよ!
f:id:chapter_final:20201225211050j:plain

こうして ユラたちの……
果てしなく つらい旅が 始まりました
切り立った山を越え……
燃える野原を乗り越え……
しかし ユラたちは 泣きごとも言わず……
遠く そのまた遠くへと 進むのでした

f:id:chapter_final:20201225211301j:plain
f:id:chapter_final:20201225211313j:plain
道中でも自然変動のきずあとを目にします。
早く救助活動に戻りたいふたりですが、今は追っ手が迫る状況。ひたすらに逃げます。
f:id:chapter_final:20201225211513j:plain
群青の洞窟というダンジョンを抜け、先には炎の山が待ち構えていました。
f:id:chapter_final:20201225211639j:plain
まだまだ追っ手を振り切ることはできません。他に選択肢はない。ふたりは意を決して炎の山に入ってきます。
追っ手の話だと、炎の山はみとうの地のよう。ここで怖気付くポケモンも多く、行く勇気があるものだけで追いかけることが決まったようです。
関係ないけど、ヒトカゲであるパートナーが火山にビビっているのはちょっとおもしろいな。主人公はイーブイだから適応できそう。

炎の山に進む際は、岩の横穴というサブダンジョンに行く選択肢もあってここでレベル上げやアイテム集めができるということみたいだ。

f:id:chapter_final:20201225212053j:plain
頂上。
この山を苦しめているのはオマエたちなのか、という声と共にボスが現れます。
f:id:chapter_final:20201225212230j:plain
マグナゲートや超ダンだと、ビリジオンだけが仲間としてピックアップされていたりエンテイだけ本編でバトルのチャンスがあったりと割と自由な感じなのですが、ここは順当にファイヤーがボス。

f:id:chapter_final:20201225212545j:plain
山の怒りは わたしの怒り!
 わたしの名は ファイヤー! 炎の化身!
 山を荒らすものは ゆるさない! かくご!!
サンダーみたいに炎の司 (ほのおのつかさ)! とか言い出さないんだ。
それにしてもどいつもこいつも話聞かないな。

逃避行に入って初のボスバトル。
気合をいれていきます。

 

つづき