さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

ゆめまぼろし

これまでのぼうけん:
まぼろしへのてがかり。

ポケダン救助隊DX #26

 

次の日。
広場はわざマシン泥棒が現れたと大わらわ。主人公とパートナーは泥棒を追うため、そのポケモンが飛び去っていったという北の山脈に向かう。

f:id:chapter_final:20210930234636j:plain
北の山脈の頂上。綺麗だ…。

そこにいたのはむげんポケモンラティオスわざマシンを返すわけにはいかないと言い、バトルに。

f:id:chapter_final:20210930234830j:plain
主人公たちは、倒れてしまったラティオスを広場に運び介抱する。
意識を取り戻したラティオスは、奈落の谷に落ちた妹ラティアスを救うためにわざマシンを盗んだのだと語るのだった。

奈落の谷は北の山脈の近くにある谷で、そこに落ちたものは二度と出てこられないと言われている場所だそう。ラティアスラティオスが北の山脈を飛行していたところ隕石のようなものが飛んできてラティアスに当たり、翼を痛めた彼女は奈落の谷へ落下していったのだという。

隕石と聞いて、星を破壊した時の破片ではないかと気づくパートナー…。

妹を助け出したらわざマシンは返そうと思っていたが、黙って持ち出すのはとてもよくないことだったと謝罪するラティオスに、売り物を盗まれて怒り心頭だったカクレオンもさすがに咎めるそぶりを見せない。

奈落の谷の奥底は空白の場所、倒れることも生きることもなく永遠とさまようことになる…。
それなのに妹を見つけ出した後どうするつもりだったのか、と博識なフーディンはたずねる。

f:id:chapter_final:20210930235730j:plain
妹が落ちてからもう長く経つ。その間も彼女はずっと1匹で奥底にいる。たとえ自分も出てこられなくなるとしても、1匹でいるよりは2匹でいられるほうが…と言うラティオスに、それをラティアスが望むのかと返すフーディン

とはいっても入ったら出られない場所なら手の施しようがないとあきらめムードが漂いかけますが、フーディンはひとつだけ方法があると教えてくれた。

それはアンダンテが持っているテレポートの結晶を使うというもの。
テレポートの結晶は、天空の塔に行くときにネイティオフーディン、そしてゲンガーが力を込めて作ってくれたもの。これを使えば、奈落の谷の奥底からもテレポートして出てこられるはず。

奈落の谷に急ぐ。

f:id:chapter_final:20211001000822j:plain
奈落の谷の最奥部。
本当に何もないというわけではなくて後ろに木々が見えるけどそういうことではなくて、入ったら二度と出られず生きることも死ぬこともない虚無の地ってことなんだろう。

テレポートの結晶を使い外へ。

f:id:chapter_final:20210930235933j:plain
f:id:chapter_final:20210930235920j:plain
f:id:chapter_final:20210930235925j:plain
かつて天空に行ったときもそうだったけど、本当にマグナゲートの演出だよなあ。大好きだ…。

f:id:chapter_final:20210930235947j:plain
ラティアスラティオスは無事再会。

お礼代わりに、2匹は仲間になってくれた。
ラティオスは「やまいはきから」、ラティアスは「げんきにつられる」という兄妹で状態異常回復系のすごわざを覚えていました。

f:id:chapter_final:20211001002326j:plain
トップメニューにラティオスのアイコンが追加された。