さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

ポケダン救助隊DX プレイメモ17 「星の接近」

これまでのぼうけん:
最後まであきらめないのがアンダンテの誇り。

いよいよマグマの地底に挑みます。
f:id:chapter_final:20210206234629j:plain
なんか ところどころに よう岩が流れてるし……
 この感じだと ダンジョンの中も そうとう暑そうだね……。
ヒトカゲ的にはむしろ喜ばしいことなんじゃない? 炎の山のときも似たようなことを思ったな。

f:id:chapter_final:20210206234855j:plain
FLBのリザードンバンギラスが倒れているのを発見します。
フーディンを探しに先に進みます。

f:id:chapter_final:20210206234941j:plain
フーディンは先でグラードンと戦っていました。
グラードンは主人公たちのことも敵だとみなし、襲いかかってきます。

グラードン戦ってやっぱり探検隊のきりのみずうみでのバトルが印象的です。

バトルではグラードンのとくせいひでりで天気が「ひざしがつよい」に変化するほか、「マグマ」という天変地異が発生しフロアにマグマが吹き上がります。大地がゆれて立っている場所が変わってしまう上、マグマにふれるとほのおタイプ以外のポケモンはやけど状態になってしまう。
マグマは場所移動後にターン経過で出現しますが、吹き出る場所はあらかじめわかるようになっているので避ければいい…んだったはず。
ひでりの恩恵を受け、やけども無効のパートナーが強かったような気がする。仲間も倒されずに守り切れたんじゃないかな…たしか。
キャンプにまだいないポケモンとか有用なすごわざ持ちのポケモンはなるべく連れて帰りたいし、枠がいっぱいで別れたポケモンもいるので、ダンジョン内で仲間になったポケモンがボス戦で倒されてしまうことほど悲しいことはない。

f:id:chapter_final:20210207000605j:plain
グラードンを倒すと、FLBが無事帰ってきました。

広場へ戻ると、すでにペリッパーが号外で知らせていてくれたらしくポケモンたちが集まっていました。
毎度思うけどペリッパーはいつの間に情報を仕入れているんだろう。本業は記者じゃなくて郵便屋だと思うんだけど。
f:id:chapter_final:20210207001548j:plain
フーディンに、アンダンテは一流の救助隊だと告げられ涙するパートナー。かわいい。
カメックスには「グラードンを倒したワリには泣き虫なんだな」と笑われる。微笑ましいやりとりだ。

そこへ、広場中のポケモンに向けてどこからか呼びかける声。
この声はネイティオだ、と気づくパートナー。

f:id:chapter_final:20210207001847j:plain
精霊の丘から、おそらくすべてのポケモンたちに向けて警告のメッセージを送っているようです。ネイティオは、空から巨大な星が接近してきており、真っ直ぐこちらへ向かってきているのだと言います。

f:id:chapter_final:20210207002036j:plain
f:id:chapter_final:20210207002046j:plain
f:id:chapter_final:20210207002111j:plain
この星の描写があまりにも綺麗で感動してしまいました。
救助隊DXは、ポケモンたちもアイテム等も背景も、まるで絵本のようなやわらかい描かれ方をしているのが印象的ですが、この星もその例に漏れず水彩画のようで、それでいて禍々しい雰囲気が感じられるのがすごい。
災いをもたらす赤い星ってなんだか勇者の星みたい。

さらにネイティオは、今まで起きてきた自然災害はこの星が少しずつ近づいてきていたせいなのだと続けます。そしてこのままだと星は大地に衝突し、大変なことになると言います。
星の衝突を防ぐ方法をたずねるフーディンに、天空から星を破壊するようレックウザに頼むことだと答えるネイティオレックウザははるか大空にすむ伝説のポケモンであり、だれも見たことがない存在。大空に行くには、増幅させたネイティオフーディン2匹のテレポートでポケモンを天空へ飛ばす方法が考えられるが、雲の上の世界では飛ばされたポケモンがそのあとどうなるかはわからない。
それならばと名乗り出るアンダンテ。フーディンもアンダンテしかいないと思っていたと言ってくれますが、同時に雲の上の世界に行くことを心配します。ですが、覚悟は揺らぎません。
f:id:chapter_final:20210207003352j:plain

ネイティオはこれからフーディンとテレポートを増進させる方法を話し合うと言い、出発は明日なのでそれまで休むようアンダンテに告げます。

以降は準備の時間。ダンジョンに行くことはできません。
プクリンの激励の言葉が良かった。
f:id:chapter_final:20210207003625j:plain
レックウザが どんなポケモンが わからないけど……
 でも キミたちなら きっと なかよくなれるよ!

 

f:id:chapter_final:20210207004215j:plain
その夜、主人公は悪夢にうなされます。
正体はゲンガーでした。
f:id:chapter_final:20210207004241j:plain
ゲンガーは主人公も昔人間だったとは驚いたと言い、どうせろくでなしに決まっているからシッポをつかんでやると、ゆめくいで主人公の心を見抜こうとします。自分がそうだからっていっしょにするなよ。
f:id:chapter_final:20210207004407j:plain
しかし謎の光に阻まれ、退散するゲンガー。
ゲンガーが去ったと同時に主人公の苦しみは抜けていき、夢の中にはサーナイトが現れます。
サーナイトはとうとうすべてを話してくれるのでした。