さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

ポケダン救助隊DX プレイメモ1 「ちいさなヒーロー」

f:id:chapter_final:20201209230614j:plain
自分がポケモンになり、仲間と協力してダンジョンを冒険していく「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズ。
笑いあり涙あり裏切りありのストーリーは評判が高く、その素晴らしい音楽とも相まって多くの人の心をとらえて離さないシリーズです。
この救助隊DXは、2005年11月に発売された『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』が、1つのソフトになったリメイク作品(公式サイトより)。2020年3月発売。ファン待望のリメイクで、Switch初のポケダンでもあります。

わたしは発売当時にエンディングまではクリアしていて、エンディング後ストーリーの途中で放置していたのですが、またやりたくなったので始めます。

せっかくなのでまた新しくさいしょから始める。
Switchはゲームカードでなく本体にセーブデータが保存されるので、アカウントや本体を変えればセーブデータを新しく作れるのが良いね。

ちなみに、探検隊・マグナゲート・超ダンはプレイ済み。冒険団はやっていません。原作救助隊をやりたいと思っているうちにリメイクが発売されたので飛びついて買いました。まだ1回しかプレイしていないので、ストーリーの大筋は知っていても細部は忘れているところが多い。
だから新鮮な気持ちで楽しめる…と前向きに考える。

 

f:id:chapter_final:20201209220941j:plain
オープニング。よくみると左下の方にゲンガーがいますね。他にもストーリーに出てくるポケモンがたくさん。

f:id:chapter_final:20201209221147j:plain
ここは ポケモンたちの世界へ通じる入口だ!
質問に答えて、自分がどのポケモンになるかが決まる。自分で選ぶこともできる。
3月にプレイした時は、主人公がピカチュウでパートナーがニャースでした。

f:id:chapter_final:20201209221301j:plain
この質問でダジャレ好きなママを思い出した。ちょっとタイムリー。

わたしは「むじゃきなひと」と診断され、イーブイになりました。かわいい。
パートナーはヒトカゲにしました。選択画面でカーソルがそこにあったので…。
探検隊や超ダンだと、パートナー候補の中からある程度しぼりこまれていたり提案されたりしていた気がするので、それもまた運命かなと思ってそのまま選んだんだけど…たぶん(主人公がほのおタイプのポケモンにならない限り)パートナー選択のときのカーソルの初期位置はヒトカゲになるっぽい。別のアカウントで最初だけやってみたらそうなったので…。
まあ、選んだことに意味があるのでこのペアでやっていきたいと思います。
詳しく書かないけど、主人公とパートナーの名前を決めるのに時間を費やした。最終的にフィーリングで決めたので特に深い意味は込めていません。

主人公を「おんなのコ」にしたらイーブイのしっぽの模様に違いが反映されている。うしろから見ると花みたいでかわいらしい。ピカブイの相棒の子限定の仕様かと思いきや、剣盾やポケモンGOでも確認できるような公式的な設定になりましたよね。

f:id:chapter_final:20201209222048j:plain

さあ、ポケモンの世界へ!

 

主人公が目を覚ますと、1匹のヒトカゲが自分を心配して話しかけていました。
ポケモンであるヒトカゲの言葉がわかることに戸惑う主人公ですが、ヒトカゲはこう言います。「きみだってポケモンじゃないか」と。f:id:chapter_final:20201209222657j:plain
主人公は人間からイーブイになっていたのでした。主人公はそのことをヒトカゲに説明します。
主人公が名前を伝えると、「ふーん。おもしろい名前だね!」と言ってくるパートナー、ナチュラルに失礼

そこへバタフリーがやってきて、急に地面が割れて落ちてしまったキャタピーを助けてほしいと頼まれる。ポケモンが興奮して襲ってきて太刀打ちできないらしい。
主人公とパートナーは迷わず引き受ける。

2匹が助けに向かうと、そこには「小さな森」という不思議のダンジョンが広がっていた。キャタピーを助けるためにはここを進むしかない。襲ってくるポケモンと戦う決意を固めながら2匹は先へ進みます。

f:id:chapter_final:20201209223613j:plain
2匹の初期わざはこんな感じ。マグナゲートから(正確には空の探検隊で追加された主パ候補からですが)タマゴわざを覚えているようになったけど、こんなに揃っているとすごいね。
覚えるわざとかレベルは第8世代に準じるんだろうか? だとすると第8世代に未登場のポケモンは第7世代を参照しているのかな? それとも一律で第7世代を参照しているのかな。
と思ったけどヒトカゲの覚えている「りゅうのいかり」「はじけるほのお」は第8世代では存在していないので、おそらく第7世代を基準としているんでしょうね。

特に探検隊の頃は、こういった情報は有志の個人が作成したwikiを参考にしていたけど今は見当たりませんね。企業の攻略サイトは目立ちますが…あまり情報が信頼できないので個人的には参考にしたくないんです。他に有用なサイトがないので、パッと調べたいときはいいかもしれないですが。
だって、複数の企業サイトで同じ内容の誤った情報が載っていたりするんだもん。うのみにはできないよ。
攻略本を買えばいいんでしょうが、まだそこまでの熱量はないので気楽にやります。
ネットの発達した今の方が、正確な情報を提供するという点でかえって攻略本の価値が上がっているかもしれないのが皮肉ですね。

話がそれました。
ヒトカゲは「かみつく」がタマゴわざで、「りゅうのいかり」「はじけるほのお」は本来覚えるレベルよりも早く覚えているみたいです。イーブイの「かみつく」「スピードスター」「でんこうせっか」も同様に本来より早い段階で覚えているわざ。
イーブイのとくせいは「てきおうりょく」でした。主パはランダムではなく決まっているんだろう。とくせいが2つあるポケモンは救助隊・探検隊では2つとも持っている扱いでしたが、マグナゲート以降の流れに則って1つになっていますね。

ダンジョンは難なくクリア。チュートリアルでした。f:id:chapter_final:20201209230009j:plain

無事キャタピーを助け出し、バタフリーのもとへ。
パートナーいわく、「最近はなぜか地割れとか多くてキケン」らしい。f:id:chapter_final:20201209230137j:plain
キャタピーに憧れの眼差しで見つめられる2匹。困っているポケモンを助けてあげるのも気持ちいいかもと思うように。
バタフリーからはお礼として「プチふっかつのタネ」「モモンのみ」「500ポケ」をもらいました。ポケはこの世界でのおかね。

f:id:chapter_final:20201209230621j:plain
パートナーは行くあてのない主人公に住む場所を紹介してくれます。
一目で気に入り感動する主人公。
パートナーは、最近自然変動が多く困っているポケモンがたくさんいると説明し、主人公は強かったしいっしょに救助隊をやらないか、と持ちかけます。f:id:chapter_final:20201209230937j:plain
ユラとだったら 世界一の救助隊ができると思うんだよ。どうかな?
きゅうじょたいをやる」「ことわる」という選択肢が出ます。「ことわる」とループになる。「きゅうじょたいをやる」しかない!
今日から ユラとボクは 救助隊の仲間だね! よろしくね!

チームの名前を決める。初期で文字が入っている。f:id:chapter_final:20201209231412j:plain
なんだこれは。
アンダンテ」にしました。焦らず立ち止まらず、歩み続ける救助隊です(今考えた)
パートナーがスカーフをくれました。救助隊を始める日につけようと決めていたらしい。

f:id:chapter_final:20201209231824j:plain
こんな流れだけど、同じ家には住まないらしい! 他のシリーズだといっしょに暮らすのに! さびしい!

 

つづき