さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

ドラクエ11S プレイメモ8 「災いを呼ぶ悪魔の子」

これまでのぼうけん:
荘厳な城の中ただよう不穏な空気。

王様に謁見します。
f:id:chapter_final:20210204181529j:plain

f:id:chapter_final:20210204181813j:plain
f:id:chapter_final:20210204204617j:plain
デルカダール王は勇者が来るのを長年待っており会えてうれしいと言います。
勇者であるなら手の甲にアザがあるはず。そう言われた主人公は、そのアザを王様に見せました。

f:id:chapter_final:20210204204915j:plain
f:id:chapter_final:20210204204934j:plain
周囲の兵士が演技みたいに盛り上がり、指揮者のように止めるデル王。
デル王が勇者に会えて嬉しく思っていること自体は嘘ではないでしょうね。この日を心から待ち侘びていたことでしょう。

勇者をここまで育てあげた者たちに礼をせねばならんと言われ、主人公はイシの村で育ったことを伝えます。
f:id:chapter_final:20210204205242j:plain
王様はホメロスに命令を下し、ホメロスは兵たちを引き連れ出ていきます。
だからなんだって感じだけど髪留めが赤いのに目がいく。

次の瞬間、主人公の前には立ちはだかるグレイグ。
主人公は囲まれてしまいます。
f:id:chapter_final:20210204205508j:plain
まさか ひとりで乗り込んでくるとはな……。
 何を たくらんでいるか知らんが 貴様の思い通りにはさせんぞ! 勇者め!

グレイグよ! その災いを呼ぶ者を 地下牢に ぶちこむのじゃ!
 皆の者も 知っておろう! 勇者こそが この大地に あだをなす者!
 勇者こそが 邪悪なる魂を復活させる者! 勇者と魔王は 表裏一体なのじゃ!
我が王は あのように聡明なお方。
 勇者が 何者であるか わかっておったのだ。お前には 不運であったな。

 よし! この者を捕らえよ!
f:id:chapter_final:20210204210320j:plain
兵士たちに囲まれ連行される主人公。それを見つめるデルカダール王。
f:id:chapter_final:20210204210121j:plain

f:id:chapter_final:20210204210856j:plain
地下牢に閉じ込められた主人公。
3日もすれば探索に出たホメロスがもどってきて、勇者の言ったことが本当かわかるだろうと告げるグレイグ。「3日もすれば」って繰り返すけどそんなに重要か?
f:id:chapter_final:20210204211131j:plain

囚われの勇者」という称号を獲得した。
ステータス画面を見ると、装備品を取り上げられているのがわかる。
f:id:chapter_final:20210204211307j:plain

牢のとびらを開けようとがたがたしていると、隣の牢から声をかけられます。
やれやれ 騒々しいな。うるさいヤツが 来たもんだ。
 牢屋に入れられたぐらいで オロオロ ビクビクしやがって。しけた野郎だな。
仲間としての言動に慣れ切ってしまったからか、カミュにしては言い方が厳しい気がする。それでも声をかけるあたり面倒見が良いということでしょうか。

f:id:chapter_final:20210204221622j:plain
主人公は、ただ勇者と名乗っただけだと説明します。「マジかっ!」と驚くカミュ
こいつは おどろいた! まさか 勇者さまが 同じ牢だとっ!?

カミュはちょうど食事を届けにきた兵士を倒し、牢を出て主人公のもとへやってきます。
オレの前に勇者が現れるとはな……。すべてはあの予言の通りだったってワケか。」と独りごちるカミュ

さらに見回りの兵士を倒し、主人公の装備も取り返してきてくれます。なんでこんな近くにあるんだ。カミュも愛用の短剣を取り返すことができ百人力だと言います。
ほかの兵士が来る前にふたりは逃げることにします。

f:id:chapter_final:20210204222515j:plain
カミュは自分のいた牢でずっと穴を掘っていて、今日脱獄しようとしていたところだと言います。そんな日に見計らったかのように勇者がやってきたことに、カミュは運命を感じたようでした。
3DS版のときも思ったような気もするけど、よりリアルに表現されているはずのSwitch版でもなんていうか、穴らしい穴だね。

f:id:chapter_final:20210204222750j:plain
穴を出た先はデルカダール地下水路でした。
エマちゃんといたときみたいに、なかまと会話することができる。

f:id:chapter_final:20210204223031j:plain
自由に歩ける時間も束の間、デルカダール兵たちに気づかれてしまいます。
追ってくる兵から逃げるふたり。

f:id:chapter_final:20210204223228j:plain
追いつかれるとバトルになる。
逃げることもできるようだったけど、律儀に戦った。こんな感じだから悪魔の子と呼ばれても文句を言えない。
UNDERTALEで何を学んだんだ?

水路の橋の上で、兵士に挟み撃ちされピンチなふたり。
幸か不幸か橋はくずれ落ち、ふたりは水路へと落ちていきました。

f:id:chapter_final:20210204224053j:plain
運が良かったようでふたりは無事でした。
出口をめざします。

f:id:chapter_final:20210204224319j:plain
闇の中うごめく影。 正体はブラックドラゴンでした。
まともに戦って勝てる相手ではない。ふたりは逃げ出します。
f:id:chapter_final:20210204224438j:plain

f:id:chapter_final:20210204224523j:plain
他のモンスターが逃げ惑う描写もある。3DS版ではなかったはず。
場所の表示が「????」から「デルカダール地下水路・竜のすみか」に変化していますね。
どうなるんだろうと思ってブラックドラゴン以外のモンスターに接触してみたけど、この場合もブラックドラゴンとの戦闘になる。もちろんブラックドラゴンに追いつかれた場合も戦闘になる。
f:id:chapter_final:20210204224734j:plain
戦闘から逃げると最初の位置にもどされてしまうっぽい? 結構走った後に触ってみてしまったので面倒だった。また最初からモンスターを避けながら進むのも大変だったな。

なんとか逃げ切ったふたり。
ですが今度はデルカダール兵に見つかってしまいます。
カミュの言う通り、こんな所にいたら命がいくつあっても足りないですね。
f:id:chapter_final:20210204225345j:plain

 

つづき