さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

Celeste

f:id:chapter_final:20210307150058j:plain

大丈夫、きっとやりとげられる

横スクロールアクションで、使うアクションは「ジャンプ」「エアダッシュ」「のぼる」の3つ。
セレステ山の頂上をめざすマデリンを操作し、登山をするゲーム。

難易度は高め。失敗して死んでしまっても即復活できるので、試行錯誤を繰り返しながら険しい道のりを進んでいく感じ。

年末年始のセールで買った。
UNDERTALEの開発者、Toby Foxさんが何かのインタビューで絶賛していたので遊んでみた。調べ直したらニンテンドーの「Hello! インディー」でした (第9回第10回)。
Celesteも「Hello! インディー」で紹介されていました (第3回第4回)。

f:id:chapter_final:20210307155113j:plain

Celesteという名の山がカナダにあって、そこから名前を借りているそうです(上述の「Hello! インディー」第3回より)。
制作の拠点もカナダらしいし、ゲーム内でカナダの国旗が出てくるところもある。

クレジットを見たら、日本語ローカライズはハチノヨンが担当しているっぽい。UNDERTALEのローカライズと同じところです。

 

こういうアクションを自分があまりやったことがないというのを抜きにしても難しいと思う。いわゆる死に覚えゲーかな。
操作が難しいところや進むためにパズルを解かなければならないところ、さまざまな難関を乗り越えて先へ進んでいくというのが登山の厳しさ、そしてマデリンの自分自身の内面との闘いを表しているかのよう。

難しくて死んでしまってもすぐ復活できるからストレスフリーな感じになっていて、回数を重ねていく毎に次はできそうだと思える、工夫されたゲームバランス。

ついに来たよ、マデリン。深呼吸して。
 何をそんなに、怖がっているの?

 

以下は印象的だったシーンの写真を置いておきます。

f:id:chapter_final:20210307160142j:plain
f:id:chapter_final:20210307165257j:plain
f:id:chapter_final:20210307182013j:plain
f:id:chapter_final:20210307182952j:plain


f:id:chapter_final:20210307223501j:plainf:id:chapter_final:20210307234113j:plain
f:id:chapter_final:20210308011428j:plain
f:id:chapter_final:20210308011856j:plain
f:id:chapter_final:20210308013006j:plain
f:id:chapter_final:20210308013517j:plain
f:id:chapter_final:20210308014752j:plain
f:id:chapter_final:20210308014915j:plain
f:id:chapter_final:20210308015040j:plain
f:id:chapter_final:20210308015350j:plain
f:id:chapter_final:20210308015405j:plain

f:id:chapter_final:20210308021129j:plain
f:id:chapter_final:20210308021702j:plain
f:id:chapter_final:20210308021710j:plain
f:id:chapter_final:20210308022223j:plain
f:id:chapter_final:20210308022025j:plain