さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。無断転載はご遠慮願います。

バディミッション BOND プレイ日記6 「救出」

これまでのぼうけん:
嫌な上司をブッとばしてくれてお礼を言いたい。

プレイメモ2でも書いていますが、早期購入特典の「ブック仕様ポストカード」の申し込み期限は本日2/15(月)23:59です。
『バディミッション BOND』早期購入特典 「ブック仕様ポストカードセット」 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

「Mission #1 犬と野獣」続き。

f:id:chapter_final:20210131191120j:plain
船内潜入です。

f:id:chapter_final:20210131191319j:plain
f:id:chapter_final:20210131191434j:plain
情報収集とやらも少しは役に立つな
……そう思ってもらえたなら何よりだ
この会話良かったです。

f:id:chapter_final:20210201004650j:plain
やっぱりルークは頭脳戦も得意という扱いみたいだ。
これまでのところアーロンは直情的ではありますが頭が悪いわけではないので、認められているのは光栄なことであるように思えます。

これまでの手がかりをもとに、アラナさんのいるコンテナに辿り着きましたが後ろには敵が。
f:id:chapter_final:20210201005247j:plain
うっとおしいラッパーの男でした。
ボスのエイジンのようです。
f:id:chapter_final:20210201005531j:plain
"A" to the "Z" to the "I" to the "N" 「エイジン」!
ありがとう…わざわざ綴りまで教えてくれて…。
f:id:chapter_final:20210201010141j:plain
人物紹介っぽいカットも入る。
ちなみに、ジェイスン警部とデニス警視初登場のときも同じカットが入っていた。
f:id:chapter_final:20210201010238j:plain
f:id:chapter_final:20210201010247j:plain
よくわかんないけど、敵紹介のときに入る演出…かな?

f:id:chapter_final:20210201011037j:plain
エイジンの手下に囲まれるふたり。
ルークは本当にアーロンの武器がかぎ爪であったことに胸騒ぎを覚えますが、今はそれどころではないと突き詰めません。

ボタンアクションフェーズ。
敵とのバトルや障害ポイントなどでは操作が必要なときがあり、失敗するとヒーローゲージ減少・一度もミスなく成功するとパーフェクトアタックでボーナスとしてヒーローゲージ増加だそう。

f:id:chapter_final:20210201011533j:plain
言うまでもないけど、わたしが操作していないときの方が危なげなく戦っていると思いますね。ふたりとも強いので…。

 

f:id:chapter_final:20210201011815j:plain
エイジンはアーロンを油断させようとし、上の仲間に加勢を頼みますが相手の言うことを聞くようなアーロンではない。そのまま殴り飛ばされるエイジン。

コンテナには鍵がかかっていましたが、アーロンは力尽くで開けます。
f:id:chapter_final:20210201012140j:plain
そのとき、船の天井が開き上から敵が銃で襲ってきます。ふたりが怯んだ隙に、アラナさんのいるコンテナは上へと運び出されていきます。
アーロンはルークに上にいる敵を全員仕留めろと指示し、上昇するコンテナに飛び乗ります。
f:id:chapter_final:20210201012512j:plain
f:id:chapter_final:20210201012534j:plain
連携の甲斐あって、アラナさんを無事助け出すことができました。

ドギーがモタつかなきゃ余裕だったがな」「君みたいなフィジカルおばけと比べないでくれ!」と軽口を叩き合うふたりに笑うアラナさん。気がついたようです。
f:id:chapter_final:20210201012844j:plain
ふたりってもしかして、実の姉弟ではない…?
アラナさんはアジトの子どもたちも不安がらせてしまうと心配していますが、何者なんだろう。

f:id:chapter_final:20210201013042j:plain
感動的なシーンだったので「弟さんの連れです」を選択。
ルークは簡単にヒーローを自称しなさそうだなとも思う。
連れ…… ……クールな響きだね……」とアラナさん。アーロンが誰かと協力するのはめずらしいっぽいかな?

ふたりはモーテルの一室にアラナさんを匿うことにしました。
アーロンが言うには、そこらの病院じゃ嗅ぎつけられるかもしれないから後でツテのある闇医者に連れていくとのこと。

f:id:chapter_final:20210201013446j:plain
アーロンはルークにどうやってこの誘拐事件を知ったのかたずねます。ルークは警察本部に送られてきたメールのことを話し、アーロンがあのメールを送ったのかとたずねますが違ったようです。
オレはサツなんざ頼らない
 あいつらの興味は金、権力、保身 それ以外には見向きもしねえ
 港でブチのめした、あのゴミ共も ご多分に漏れずだったぜ
ルークのゴミ上司のことですね。彼ら以外も、国家警察は相当腐敗しているっぽかったしな。ルークは上司や同僚のことを思い浮かべます。

f:id:chapter_final:20210201013914j:plain
「いい警官」というのは養父のことでしょうね。
いったん、「……僕の愚痴、聞いてくれるか!?」を選択。

(いかん…… 抑圧していた不平不満が 湯水のようにわき出てくるぞ!)
 ……アーロン! 僕の愚痴、聞いてくれるか!?
グチってる間に サツなんざ辞めてこい
ぐ……

正論だ。「でも、いい警官だっている」の方も見てみる。

……そんなものに目もくれず 自分なりの正義に生きる警官だっているんだ
「僕みたいに」、か?
えっ? いや、そういうつもりじゃ…… からかうなよ
からかってねえよ だが--

この後の会話は同じ。
お前がアラナを助けに来たのは 「サツとして当然」だからじゃない
 単に、馬鹿がつくほどの お人好しだからだろ
 ならキッチリ貸しにしとけ ヒーローにタダで救われるほど癪なことはねえ
…………
なんだよ?
……嬉しいことを言ってくれるなあ
 僕、昔から ヒーローになるのが夢だったんだ……
物好きだな 早死にするぜ

ルークはDISCARDについてアーロンにたずねます。
f:id:chapter_final:20210201095156j:plain
f:id:chapter_final:20210201095327j:plain
いや、そんな 魔法のランプじゃあるまいし……
アーロンはルークのためになんでもできるってくらい恩義を感じているってことですかね?
敵はまた同じような事件を起こすかもしれない。ルークは今一番欲しいのは情報だと伝えます。

 

つづき