さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。無断転載はご遠慮願います。

バディミッション BOND プレイ日記5 「信念」

これまでのぼうけん:
「相棒」に憧れていた。

「Mission #1 犬と野獣」続きです。

いよいよ救出へ、というところでルークを呼び止めた人物がいます。
デニス警視とジェイスン警部でした。
f:id:chapter_final:20210131175529j:plain
目をつけられていたのかな?
可能性を上げるとするなら、前回聞き込みをした警備機器研究所の説明には「元警察官の社員も多い」とあったので、そこから怪しい動きをしている警察官がいるとタレコミがあったのかな。どっちかというとそう思いたい…かも。ひとりで勝手に捜査しようとしていたルークにもともと目をつけていて、こんな良いタイミングで止めにくるなんて怖すぎるから。

おまけにガラの悪い友達まで連れて ……孤児院の出身と聞いてはいたがお里が知れるな」「言ったはずだぞ 認めてほしければ手柄を立てろ-- 怪盗ビースト並みの大物を挙げろとな それが、このていたらくか 父親ゆずりの無能ぶりにはほとほと呆れかえる!」相変わらず失礼な人間だなジェイスン警部は。ルークのお父さんに出世を邪魔されでもしたんですかね? 
隣で聞いている怪盗ビースト本人は何か思うところがあるようです。

デニス警視には「ゴミのような事件にばかり首を突っ込んで、我々国家警察の顔に泥を塗るのはやめてもらいたいものだね」と言われてしまいます。
ゴミなどではない、苦しんでいる女性を早く助け出さなければと上司に啖呵を切るルーク。
f:id:chapter_final:20210131180814j:plain
アーロンはルークの善性というかお人好しさをわかっていることとは思いますが、同時に警察官の仕事に誇りを持っていることもわかっているでしょうから、立場を危うくするとわかっていても人質の女性を救うことだけを考え同じ警察の上司に歯向かう姿を見ると改めて…う〜ん、嬉しかったんじゃないでしょうか。感じた通りの変わったやつだとも思っただろうな。

ご本人のお言葉をお借りするとゴミのような上司ですから当然聞き入れてもらえません。
f:id:chapter_final:20210131181405j:plain
ルークは時間がないとあきらめ謝ろうとしますが、
f:id:chapter_final:20210131181603j:plain
アーロンがふたりまとめて殴り飛ばしてくれました。発想が同じで笑った。
言いたい放題言われていたことも加味すると、アーロンにしては相当気が長かった方だと思います。曲がりなりにもルークの上司だから我慢していたのかな?
それにしても、ルークからしたら相当スッとする瞬間だったんじゃないでしょうか。ルークはそんなこと思わないか。
f:id:chapter_final:20210131182059j:plain
と思ったら見透かされていた。
ヒーローはそんなこと思わないかもしれないけど真ん中の選択肢を選ばざるを得ない。ごめんルーク。
(正直……礼を言いたい!)
 (でも、それ警官としてどうなんだ? 上司をKOした相手に……)
 (くっ、立場と感情がケンカしている)
 何も気にせずありがとうといえたなら……
言ってんじゃねえかよ」 
素直!

セーブファイルがたくさんあるので、どちらかといえば正解っぽい「大事な時に、時間とらせてごめん」の方も見ました。この選択はヒーローゲージに影響せず、展開も変わらないようだから良かった。

アーロンは、ルークが謝ろうとしたことについて後ろめたいと思っているならついてくるなと言います。ルークは自分の心に従ってアラナさんを助けると決めたのだとそれを否定します。ルークはゴミ上司を殴ることは立場的にできないので、あれは仕方ないでしょうね。
f:id:chapter_final:20210131182824j:plain

ルークは潜入服をアーロンに渡します。これを調達していて遅れたのだそうだ。
アーロンの赤い服は目立つし敵に風貌が割れていると説明し、アーロンは受け入れますが…どうなのそれ?

 

いよいよ潜入です。
f:id:chapter_final:20210131184532j:plain
f:id:chapter_final:20210131184109j:plain
やっぱりおそろいの潜入服なわけね…。
潜入するバディをふたり選ぶ → プレイヤーが操作するキャラクターを選ぶ という流れ。
今はこのふたりしかいないのでアレですが、捜査と潜入で別のメンバーを選ぶことができるってことかな。
前回の潜入ではルークを操作しているので今回はアーロンを使ってみたいなと思ってアーロンの方を1番手にしましたが、二人組を選んだ後に操作キャラを選べるのでどっちでもよかったな。操作キャラクターは攻略には影響しないらしい。
f:id:chapter_final:20210131184451j:plain
ここの演出は超かっこいいです。

 

f:id:chapter_final:20210131184718j:plain
港のライブ会場の音が聞こえる。次が最後の曲だという。
たしか、歌姫スイのショーだったはず。いつだったかのサーチモードで出てきた。
ショーが終わるころには、各地の倉庫に散っていた黒スーツが貨物船へ帰ってきてしまいます。

 

f:id:chapter_final:20210131185137j:plain
いよいよ敵地に潜入か ……やっぱり少し緊張するな
堂々としてりゃあ 案外、怪しまれねえんだよ ま、怪しまれたら怪しまれたで--
「たで」?
蹴散らしてやるだけだ
実にアーロンらしい。
f:id:chapter_final:20210131185331j:plain
この表情の3Dモデルもあるんだね…。
ルークはアーロンが武器を身につけていることに気がつきます。
何か引っかかるルークですが、余計なことを考えている場合ではないと切り替えます。
怪盗ビーストの武器のことが頭に残っているのでしょう。

潜入ミッション 囚われたアラナを救え!」スタート。

f:id:chapter_final:20210131190004j:plain
ふたりの会話が左に表示されて楽しい。このスクショは動作がよくわかってお気に入りです。

f:id:chapter_final:20210131190257j:plain
前回の潜入でも思ったけど、ルークの背中の模様はなんなんだろう? アーロンとお揃いというわけではなさそうだし…。

 

つづき