さいごのぼうけん

遊んだゲームの記録。ネタバレ注意です。

*マガイマガドが好きです

モンハンライズ : サンブレイク #5


MR4〜5です。


このクエストは知っている…。狂竜ウイルスの話が出たすぐ後に出てくるなんてすごいですね。

ゴア・マガラと戦えるのは楽しみですが、まだ自信がないので見ないふりをしました…。



城塞高地…というか今までのどのフィールドもそうだったけど、行くたびに新たな発見があって楽しいな…。


ガランゴルムと戦う機会があったので、サイドクエストで頼まれていた「手に何かをつけているところ」の写真を撮りました。ダイミョウザザミのサイドクエストのときは確信を持って撮ったけど、今回は全然どのタイミングかわかっていなくて適当に撮りました…。

そういえばサンブレイク始めたてのころはいろんな武器を使っていたけど、最近は太刀だけになってきたなあ。たくさん使ってきたから慣れていて、初見の相手には太刀で行こうみたいな信頼があります。居合抜刀や見切り斬りのおかげで、なんとなく相手の行動が分かれば強引にカウンターでいなせるのも強い。結局ライズまでの技に頼り切りだな…。


ミノトさん…!


ヤツカダキ亜種、綺麗で苛烈だな。




マガがいたので、操竜で手伝ってもらったりあいさつしたりしました。

ビスマス七光石がサイドクエストのために必要で25分粘ったんですけど、恋人は出なくて残念がっていました。わたしは最後の最後で出ました。


ヤツカダキ亜種の装備。武器もだけど通常種の紫から赤に変化しているんですね。

通常種の防具の説明、上位のときは「悲恋」と語られていたけれど、マスターではそうではなくなっているんだな…。




ハンターと受付嬢でやり取りも多いからか、チッチェと仲良くなっているようで微笑ましいです。
そしてフィオレーネさん復活。良かった…。
ムービー多くてほんとうれしいな。




メル・ゼナの姿が確認され、フィオレーネとともに討伐に赴くことになりました。
カムラの里にいたころは、みんな家族同然だから主人公にめちゃくちゃ好意的なんだろうな〜と済ませていましたが、未知の土地であったエルガドでもこんな感じだと主人公の求心力やばいな…って思いますね…。それだけ腕の立つハンターであり、人々を救い照らす存在だってことなのでしょうか。エルガドにいる人たちも精鋭揃いだけれど。

まあでもストーリーズ2が全体を通して主人公に実力があってもあまり見てもらえていない印象だったので(主人公の祖父に焦点が当たっていたからかな)、そういうのに比べたら全然いいかな。シリーズ本編とストーリーズではいろいろと事情も違うでしょうけど…。


ジェイ、話しかけたときのボイスもおもしろい。


王国の脅威であるメル・ゼナを排除することは、王国民すべての悲願なのだって。

カムラの里の百竜夜行やマガイマガドに対する思いに似ている…。けれど、より敵意が強い気がしないでもない…。エルガドでは、任務にあたる騎士の立場としての話ばかり聞いているからかな…。里には子どもたちもたくさんいて、後の世代に災禍や憎しみの連鎖を残すまいという大人たちの決意があったからだろうか。それともメル・ゼナは討伐するしかないっていう性質の違い?


この先がクエスト出発口だっていうのも知っていたし、ここにセルちゃんがいるっていうのもわかっていたけど、「セルちゃんがクエスト出発口で人々を見守っている」っていう発想が全然なくてびっくりしちゃった。そうか…いつもセルちゃんの目の前を通ってクエストに行っているのか…。
いつもZRボタンで出発するから気にも留めていないけど、海の方にもクエスト出発口がありますね。何が違うんだろう。カムラの里方面に行くときはそっちから行っているという設定なのかな?




草。フクズク飛ばしてすみません…。



MR4、三度目の緊急クエスト「月光の下」です。これまたかっこいいな…!

ここまで不殺を貫いてきたので、このクエストがわたしにとってはサンブレイク初めての討伐でした。




体験版のときも思っていたけど、一瞬姿を消してから距離をつめて攻撃してくるのがめちゃくちゃかっこいい。
BGMも、マガイマガドとはまた違った方向性で王国との因縁を感じさせる雰囲気だなあ。まさに悲願って感じ。
気刃兜割りがトドメになったので爽快でした。

フィオレーネさんと一緒に行くときはクエストクリア時のショートムービーにフィオレーネさんも登場してくれるんだけど、今回は「いい汗をかいたな」と言っていた。メル・ゼナとの死闘すら「いい汗をかいた」で済ますの、強者感がすごい。



いまだ不穏、です。

メル・ゼナは討伐されたものの、キュリアの影響はまだ残っているためエルガドでの調査はまだまだ終わりません。
MR5になりました。


ゴア・マガラセルレギオスの狩猟という4Gって感じのクエストがありました。
ゴア・マガラの単体クエストはまだやっていないのでこれが初めて。ゴア・マガラは4Gで何回も狩った(ライズを遊んで、4Gもちょっとだけ遊んだ)ので、曲を聞くとゴア・マガラだ…という気持ちになりました。角が生えてフィールドの色が変わるのもあぁ…って感じ。
セルレギオスの曲、派手でかっこいいな。


密林にも出るんだね…。このゴア・マガラは銀冠サイズ。
「狩猟者の銅盾」の勲章を獲得。マスターランクのモンスターを100頭狩猟したようです。早いな〜。


覇王の証が2つ集まったので、マガイマガドの太刀を「禍業物・大幽鬼アガラ」に強化しました! うれしい〜! 切れ味紫だ!


初めての切れ味紫の武器でテンションが上がって写真を撮りました。現時点でルナガロンの武器も紫だったけど、作っていなかったんですよね。


「おひるねアイルー&ガルク」の称号を獲得。オトモ関連でできるようになったカスタマイズはこれで全部かな。


キュリアと共鳴しちゃったのかも、というバハリにフィオレーネさんのこの発言。

宿主を失い徐々に衰えていくと予想されていたキュリア。しかし様子がおかしいのだそうです。


シャガルマガラが城塞高地に現れたということで、狩猟です。
移動中のこの画面、メル・ゼナやシャガルマガラが追加されているな…。ライズと同じなら、王国側(人間側)にも最後に何か追加されるのかな。


かっこいい!
この技本当に使ってきてやばかったです。語彙力。



銀冠サイズでした。


狩猟後主人公はキュリアがどこかへ向かうのを目撃し、居合わせたタドリとともに、キュリアがアンジャナフの命を吸い尽くして死に至らせた瞬間を目にします。
事態がより重くなってきた…。

 

次回

前回